みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 石垣島トライアスロン2021へ出場してまいりました。
 実に1年半ぶりのトライアスロンです。しかも完全なるノートレ。
 一歩も走っていない。プールなんか1年以上入っていない。バイクは完全に置物と化しています。

行きの羽田空港で。荷物検査がやたらと厳しくて、バイクケースの中の袋を一つひとつ開けられました。「この袋には何が入っていますか?」「パンツです」「開けますね」てな感じで。若い女性の検査官、言葉は丁寧ですが誠に容赦のない検査でありました。空の安全を守るためです。検査官はこうでなければいけません。

 沖縄でバイクを組み立てたら、何かガチャガチャと変な音がする。最後に乗ったのが一昨年9月15日開催の村上・笹川流れ国際トライアスロン大会ですからね。それ以来何のメンテもしていないわけで、そりゃ不具合も出ようというものです。

他のチームに帯同されていた「San Diego triathlon room」の伊谷 健治さん。親切にバイクを見てくださいました。

 「油は切れてるし、ギアは合っていないし、リアホイールのベアリングが寿命だし、ブレーキの位置も合っていないし、あちこちガタガタです。こんなんで走ったら死にます」とのことでした。応急処置を施していただき、東京に戻ったら即入院ということになりました。
 最近バイクと言ったらオートバイのことだからなぁ……。

死にました。今回は演技ではなくマジで死んだ。

 結果は屈辱の3時間オーバー。デビュー戦よりも遅い豚タイムです。ありえん。
 人間は1年でここまでダメになるものなのです。練習再開します。みんな付き合ってね!

仲間と行くトライアスロンはやはり楽しい。

 昨年はコロナの影響でほとんどの大会がバタバタと中止になってしまいました。今シーズンの幕開けとなる本大会。この成否によって今後の流れが変わると言っても過言ではありません。スタート直前までマスクを着用し、ゴール直後のゼエハアしている段階で新しいマスクが配布され着用を促されるなど、徹底した対策が施されていました。大会運営にはさぞかしご苦労されたと思います。関係者のみなさまに大感謝であります。ありがとうございました。
 (タイムは散々でしたが)最高に楽しめました。

 帰りの荷物検査も厳しかったな。中の袋を全て取り出し、X線検査装置に通されました。ほぼ同時刻のJALのカウンターでは、ケースの上を開けてのぞき込むだけだったそうです。この差はなんなのでしょう……。

これに荷物を入れ直すのはマジで大変なんですよ……成田にあるような大型検査装置を入れてください。
ガラガラの機内。エアの復活にはまだまだ時間がかかりそうで。

 ということで本編へとまいりましょう。
 ホンダCRF250L/RALLYの開発者インタビューです。

続きを読む 2/5 「遠くなった林道」をなんとかしたい

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3479文字 / 全文6882文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。