みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 週末は仲間と連れ立って猿ヶ島へ練習に行ってきました。

用賀のマクドナルドで集合して一路猿ヶ島へ。東名から圏央道を抜けて行けば40分程度で到着します。

 ここのところ週末はスキーばかりで、ちょっとバイクから離れていましたからね。猿ヶ島でジックリ基礎練習をしようという話になったのです。お付き合いいただいた赤池くん、井手くん、嶋ティ嶋本くん。ありがとうございました。

井手くんと嶋本くんは、それぞれ花見の約束があるとか奥さんが怖いとかの理由で早々に引き上げてしまいました。単なる高速ツーリングじゃないかという気もするのですが、ま、乗っているだけでも楽しいですからね、バイクは。

 2人が早退した後、赤池くんと2人で8の字の練習をグルグル繰り返していました。
 うーん、なにか違うな……。

うーん、イマイチ。なにかこうスパッと決まらない。遅いし転ぶし動作がギクシャクしている。

 2人でモタモタやっていたら、メチャ速い人がこちらへ近づいてきて、「さしでがましいようですが……」とアドバイスしてくださった。

メチャ速い山田真也さん。たくさんポイント教えていただきました。ありがとうございました。

 山田さんは猿ヶ島の健全化を目指し、この日も早くからゴミ集めを行っていたそうです。
 オフロードバイクにジムニーにキャンパーに釣りにラジコン……と、猿ヶ島にはさまざまな目的を持った人が集まってきます。お互いに尊重し合い、マナーよく使いたいものですね。

アドバイスをいただき、だいぶよくなりました。基礎練習は大事ですね。コツコツやっていきましょう。

 ということで本編へとまいりましょう。
 名寄駐屯地山﨑司令インタビュー続編です。

続きを読む 2/5 人に撃たれる、という精神的な衝撃

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2432文字 / 全文6430文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。