みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 週末は奥志賀にスキーに行ってきました。

恒例の奥志賀からサンバレーへの往復ツアー。いや、最近本当に調子がいいです。

 宿泊はもちろんホテルグランフェニックス奥志賀へ。
 他のホテルが苦戦する中、ここだけは別世界のように満室です。3月の最終週は、やんごとなきご夫妻がキャンセルされたため、若干の余裕があるそうです。

カルバトスで雪見酒。ああ幸福。

 ダイヤモンドでは高校選抜が行われていました。東京出身の塾校の2年生が優勝したそうで、業界は騒然としております。まだ2年生ですからね。期待できそうです。

来季モデルのHEADの板が無造作に立て掛けてありました。またエラくシンプルになりましたね。どれくらい進化したのか、試乗してみないと。

 奥志賀へは新しいSUBARUのレヴォーグで行きました。やっぱりSUVよりワゴンのほうが長距離はラクですね。

なんと雪景色に合うクルマでしょう。これも記事にする予定です。開発者インタビューの日程を調整中です。

 そうそう。最低地上高を稼ぐために、ディスクブレーキがこんな位置にあるクルマに乗ってきました。この車種が分かる方は相当なマニアです。

これはちょっと難しいでしょう。分かった方はコメント欄へ!

 ということで本編へとまいりましょう。
 鈴木オート鈴木さんのインタビュー第3弾です!

続きを読む 2/5 メンテナンスを任せるならどんな人?

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3673文字 / 全文7638文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。