みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 飛び石連休初日の木曜日。フルモデルチェンジしたHONDA CRF250 RALLYで林道を走って来ました。

パッと見は変わりませんが、中身は大きく進化したCRF250 RALLY。うんとオフロード寄りに振ってきた印象があります。その分、高速道路での走行は旧モデルのほうがビシッと安定してラクだったかな。

 このバイクは本連載で取り上げます。たくさんのバイクに乗ってきましたが、諸般の事情があり本編でバイクの記事を書くのはこれが初めてになります。ご期待ください。

 林道から帰宅してサッとシャワーを浴びて、そのまま奥志賀へ。今回はレンジローバーのPHEVで行きました。デカくて重いクルマなのに、本当に燃費がいい。往路はリッター11キロ。復路は実に12キロも走りました。普通のガソリン仕様車の軽く倍は走るのではありますまいか。

カリカリに凍った道をイイ感じに飛ばしていけました。昔は“砂漠のロールスロイス”なんていわれていましたが、今はロールスがSUVを出しちゃったからなぁ。何と形容したらいいのでしょう。

 奥志賀高原スキー場では金土日と3日間完全なるピーカンで、それはそれは気持ちよく滑ることができました。ファーストトラックもほんの少しだけ。HEADの板もキレキレです。これは本当に買ってよかった。そろそろニューモデルが発表になるので、見に行かなくちゃ。

ビシッと整備された奥志賀第4上。エンジンのパワーで走るバイクも楽しいけど、重力だけで滑り下りるスキーもやっぱり楽しいですね。

 奥志賀といえば定宿のホテルグランフェニックス奥志賀。こちらにあるイタリアンレストラン「ラ・ステラ・アルピーナ」の名物ランチメニューである牛タンシチューが商品化されたのでご紹介。

 召し上がったことがある方はご存じですよね。ここのシチューは本当においしいんですよ。
 それが家で食べられるなんて! 何でも日本でも数少ない特別なパッケージ技術を持つ会社を見つけて、そこでもやり取りを重ねてようやくお店の味が再現できたのだとか。技術の進化は食の世界でも進んでいるんですな。こっちの世界の取材も面白そう。

グランフェニックス奥志賀の田島伸浩副社長と。慶應義塾大学体育会スキー部出身で、死ぬほどスキーがうまいです。

 さてさて、それでは本編へとまいりましょう。
 ここから少しバイクの話が続きます。
 今回は私をバイクの世界に誘ってくれた、林道俳優大鶴義丹氏との対談をお送りします。

続きを読む 2/5 なぜバイクをフェルさんに勧めたのか

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2589文字 / 全文5924文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。