インタビューに答える三部敏宏ホンダ専務(2020年8月)

 ホンダの三部敏宏専務が今年6月の株主総会を経て、社長に就任されることが報道されました(ちなみに一番に報じたのはロイター通信です。トバシの日経は何をしていたのでしょうww)。 

 「走りながら考える」では、昨年の8月に三部さんのインタビューを実施しています。
 その中で、こんなやり取りがありました。

フェルディナント・ヤマグチ(以下、F):「最近のホンダは元気がない」と言われていて、それじゃホンダの元気をお見せしましょうと言うときに、S2000的なものは過去の栄光に縋るみたいだからイヤだと。Honda eテイストがこれからの方向性かというとそれも違うと。それではこれからの「ホンダの元気」を、どうやって世の中に示していかれるのですか? 何か言葉にすることはできませんか。

三部敏宏専務(以下、三):これが難しい。本当はいろいろ言いたいことはいっぱいあるのですが……。

F:どうぞおっしゃってください。何が三部さんをストップさせているのですか。広報さんどうですか?

ホンダ広報アントニオ梅田:……そこはまだちょっとアレでですね……。

:今はちょっとお話しする時期じゃないというかですね……。

F:時期の問題ですか? 本当は何もない、とかじゃなく?

:いやいや。ちゃんとありますよ。時期の問題です。

F:いつになったら伺えるのでしょう? どんなタイミングですか?

:それも含めてちょっと。今は本当に微妙なところだから(笑)。

 今思えば、その“時期”なるものは「私が社長になったとき」ということだったのではありますまいか。
 昨年の8月をして、「今は本当に微妙なところだから」。
 正に綱引きの真っ最中だったのではありますまいか。
 いやはや、大変な時期にインタビューしたものです。ホンダさんもエラいタイミングで、よくぞインタビューに応じてくださいました。このインタビューの実現に関しては、ある“業界の大物”が暗躍しているのですが、それは本編を読んでのお楽しみ。

 ホンダ次期社長、その人となりがよく分かるインタビューと自負しております。
 全編をじっくりお楽しみください。

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。