みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 この週末はエラく慌ただしくて、土曜日はスキーに、日曜日は林道ライドに行って来ました。

友人の須藤信太郎くんが経営に参画する神立スノーリゾート。何しろ東京から近い。私はゲレンデのそばに宿泊しましたが、東京からの日帰りも楽勝であります。

 越後湯沢駅周辺のスキー場からゴッソリと客を奪ってしまったような大盛況。ガンダムの基地のようなスキーセンターは非常に機能的で温浴施設まで整っている。館内に入る際には必ず消毒と体温チェックが求められ、リフト券を買うと漏れなくマスクまで付いてくる。感染症対策も万全です。こうした安心感も人気の秘密なのでしょう。

須藤信太郎くんと。もともとは神田界隈でスノボ販売店を経営する彼は、業界で“日本一スノーボードを売る男”として知られています。神立では用具のレンタルを取り仕切っています。スノボはBURTON、スキーはSalomonが借りられます。

 今回も世界のトップスラローマー、皆川賢太郎選手にカーヴィングの基礎をたっぷり教わりました。理論派の彼は、どうやったら板が回るか、どうやったら加速する滑りが実現できるかを理路整然と(しかも各人のレベルに合わせて)説明することができる。教わるたびに自分のレベルが一歩上がることを実感します。世界のトップを極めた人は本当にスゴいものです。

リフトの上でも技術解説が続きます。板を立てるだけではなく、どんなショートターンでも必ず「面の滑り」が必要であることを解説されています。

 日曜日は後輩諸君と林道へ行きました。井手光裕くんと嶋本“嶋ティ“雅之くん。

もともとはオンロード専門だった2人ですが、私に巻き込まれてオフロードも走るようになりました。今日も楽しかったね!

 林道の帰りがけにフェル2号の様子を見に鈴木オートに寄りました。

 セルモーターを修理し、イグニッションの点火不良も直し、鈴木さんが退院に向けて最後のシェイクダウン走行を行っていたら、新たなる不調を発見。今度はウォーターポンプです。春には退院できるのでしょうか……。

 オイルに冷却水が混入していたとのことですが、このままだと油膜が切れてエンジンブローの可能性もある。これを「何か排ガスの臭いがヘン」というだけで見抜いてしまうのですから偉いもんです。メカニカルシールが逝っていたそうです。

鈴木さん。頼りにしています。何卒よろしくお願いします。

 ということで本編へとまいりましょう。
 ポルシェ・タイカンのインポーターインタビュー最終回です。

続きを読む 2/5 開発者の筋肉が記憶している「ポルシェ」の味

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2896文字 / 全文5309文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。