みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。
 有料読者の方限定の「日経ビジネス Audio」、走りながら考える編集会議の模様はこちら。  

 この週末は歳の離れた後輩諸君と林道を走って来ました。
 ロードは30年選手で大ベテランの2人ですが、山へ入るとまた勝手が違う。
 免許を取って半年ちょっとの私でも、林道なら彼らと対等に走れるのだから面白い。

天気もよく最高の林道日和でありました。トランポ移動に慣れてしまっているので、自走で往復すると「バイクは寒い」ということを思い知ります。それにしても電熱チョッキの効果は絶大です。冬の必須アイテムですな。

 途中で給油したスタンドに謎の看板が……手作りハイオクってなんですか? この添加剤を入れると、ハイオクと同等のオクタン値になるということでしょうか……。

近所の中華料理店には「手作り餃子」と書いてある札の横に冷凍餃子の箱が無造作に置いてあったりして、近隣で「手作り」が大安売りされております。

 高速を走っていたら、デジタルカムフラージュが施されたクルマを見かけました。
 Cセグの5枚ドア。車種はなんでしょう。何れにしても白昼の公道を堂々と走るのですから、走行試験というよりも、チラ見させるティザー広告の意味合いが強いのかもしれません。それじゃ当欄も協力しましょう(笑)。さあ車種当てクイズです。わかった方はコメント欄に!

デジタルカモの仮ナンバー車が走っていました。どこのメーカーのなんというクルマでしょう。なんか日経ビジネスもマガジンXみたいになってきましたね(笑)。

 鬼才浜田寿人くんが手掛けるWAGYUMAFIA。
 大の牛丼マニアである浜田くんが、期間限定で吉野家とコラボレーション

 最高級の和牛と安価なファストフードとの組み合わせの構想を彼から聞いた時は、正直うーんと首を捻ったものですが、実際に食べてみるとこれがまた最高に美味い。吉野家のジャンク感を絶妙に残しながらも、極上和牛の濃厚さと上質な舌触りが正確に表現されています。

 ああ天国の美味。無限にお代わりしたくなる味わいであります。

神は細部に宿る。このコラボのために専用の器まで作っています。

 だがしかし。WAGYUMAFIAは会員制でありまして、メンバーにならなければこのスペシャル牛丼を楽しむことはできません。しかも会員の募集はすでに終了している。つまり読者諸兄は指を咥えるだけで食べることができないのです。それじゃどうしてここに書くんだ! という話なのですが、なんと申しますか、単なる自慢です(笑)。

 あ、自慢と言えばClubhouseをやっています(今更自慢にもなりませんか……)。
 アカウントをお持ちの方は、私の名前で検索してみてください。こっちは何自慢になるのかな。人脈自慢?

担当編集Yです。上記の通り、フェルさんが今話題のSNS「Clubhouse(クラブハウス)」のアカウントを取りました。で、今晩(2月8日夜)、中継をやってみるかもしれません。Yも巻き添えで参加します。関心がある方は「Ferdinand Yamaguchi」で検索してフォローしてください。22時スタートの予定ですが、何しろ相手はフェルさんですからねぇ……時間通りに始められるのかどうか……。

 というわけで本編へとまいりましょう。
 ポルシェ・タイカンのインポーターインタビュー続編であります。

続きを読む 2/5 タイマンの相手はテスラですか?

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3566文字 / 全文6094文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。