みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 林道俳優大鶴義丹氏に拙宅までお越しいただき、バイクのオイル交換をご指導いただきました。

バイクの世界に誘ってくださった張本人。感謝しております。
バイクの世界に誘ってくださった張本人。感謝しております。

 メンテナンスに関しては何から何まで丸投げでショップにお願いしているのですが、「オイルとオイルフィルターの交換、それからエアクリーナーの洗浄くらいは自分でやらなきゃダメだよ」とのことで、今回の勉強会と相成ったのです。

 エンジンオイルには「潤滑」「冷却」「洗浄」「防錆」「密封」の5つの役割があります。
 オイル交換をサボっていると、これらの性能が落ちてきてしまう。せっかくいいバイクに乗っていても、オイルが汚いとバイクが持つ本来の性能を出すことができなくなってしまう。エンジンを守るためにも、定期的な交換が必要なのですね。

前回の交換から500キロも走っていないのにこんなに真っ黒です。マメに交換しないと。
前回の交換から500キロも走っていないのにこんなに真っ黒です。マメに交換しないと。

 まずは暖機運転をして油温を上げます。夏場は5分、冬なら10分程度が目安です。
 私は室内保管をしていてバイク自体が温まっているので5分でOKです。

 オイル交換そのものは意外と簡単です。廃油を受けるトレーをセットして、耐油手袋を装着し、ドレンボルトを緩めていく。ボルトが完全に外れる前からオイルがタラタラと漏れ出しますから、手袋は必須です。前回ショップで交換してから500キロも走っていないのに、オイルは真っ黒に汚れています。ドレンボルトの裏側には磁石が付いていて、鉄粉が付着するようになっているのですが、こちらにも大量の鉄粉が。汚ねぇ……。

ドレンボルトの裏には鉄粉がビッシリと……。
ドレンボルトの裏には鉄粉がビッシリと……。

 レーシングモデルに近いハスクバーナはオイルに対する負荷が非常に高い。しかも容量はたったの1リットル。「走行距離にかかわらず、2回乗ったら交換しなきゃダメ」とのこと。エラいバイクを買ってしまったものです……。

 今回はオイルフィルターも一緒に交換しました。こちらは毎回交換する必要はなく、オイル交換2回に対し1回でいいそうです。

フィルターもこんなに汚れています。左の赤いほうが新品です。
フィルターもこんなに汚れています。左の赤いほうが新品です。

 今回はフランスのブランド、「ユニルオパール」というオイルを使用しました。仏車乗りの方はよくご存じですよね。高額なオイルですが、ここでケチってはいけません。

仏車乗りの間では有名なユニルオパール。漏斗を使ってそっと入れていきます。
仏車乗りの間では有名なユニルオパール。漏斗を使ってそっと入れていきます。
義丹先生ありがとうございました! ちなみに彼のアフリカツインは4リットルもオイルが入ります。
義丹先生ありがとうございました! ちなみに彼のアフリカツインは4リットルもオイルが入ります。

 オイル交換後、早速林道へ走りに行ったのですが、いやよかったですねぇ。
 やっぱりいいオイルはいいです。気持ちよく吹き上がります。エンジン音も心なしか軽やかになったような。

オイルを替えると走りも変わる。ストレスなくブンブン回ります。
オイルを替えると走りも変わる。ストレスなくブンブン回ります。

 無論「高いオイルを入れたんだ」というプラシーボ効果もあるのでしょうが、バイクなんて大人のオモチャですからね。気分は何よりも大切です。しばらくこのオイルとともに走っていこうと思います。

 正月休みはスキーにも行ってきました。
 「フェルさんはカーヴィングを根本から誤解している」と的場類師匠から厳しく指摘され、「スピードでごまかさないこと。緩斜面で練習しなきゃダメ」とタラタラの緩斜面で丸1日、キッチリと基礎の基礎から教わりました。

類師匠。お世話になりました。勉強になりました。
類師匠。お世話になりました。勉強になりました。

 ということで本編へとまいりましょう。
 ジャガー・ランドローバー・ジャパン社長、マグナス・ハンソンさんのインタビュー第2弾です。

続きを読む 2/5 自動車メーカーにとって「増産」とは?

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2133文字 / 全文5877文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。