あけましておめでとうございます。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
本年も当「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」をよろしくお引き立ての程お願い申し上げます。

 めでたい元旦特別号も、しょうもないヨタ話から始めましょう。
 ヨタを飛ばさないと、どうも筆が走らないものですから。

 MST(港区スキーチーム)の面々と、今シーズン1発目のスキーに行ってまいりました。
 個別のクルマで移動、個別の部屋に宿泊。リフト乗車中もマスク着用し(そもそもマスクをしないとリフトに乗せてくれません)新型コロナ対策も万全であります。
 何かと不自由ですが、ここまでやらないと感染拡大は止められない。できるかぎりのことはやらなければいけません。

いよいよシーズンの始まりです。バイクも楽しいがスキーはやっぱり楽しい。

 今回も我らが皆川賢太郎コーチにご一緒いただきました。

 全日本スキー連盟の理事会クーデターに関して、いろいろと伺いましたが、いやぁ酷い酷い。
 ここで内情をブチ撒けたいところですが、選手のことやコーチのことを考えると、今は言うべきタイミングではない。やめておきましょう。今回の内紛劇を一言で表すなら「老害」となりましょうか。

希代のスラローマー、皆川賢太郎選手と。

 前の週に降った大雪のおかげでゲレンデのコンディションは最高です。
 自分が1段階うまくなったと錯覚してしまうほどの雪面です。
 ここでおそれ多くも賢太郎コーチ直々にレッスンしていただきました。ありがたや。
 今回の練習項目は「正しいカーヴィング」です。

レッスンはカーヴィングスキーの構造の理解から始まります。どのようなメカニズムでスキーが曲がるのか。カーヴィングターンとは何か。いや、勉強になりました。

 「ストックなしのドリルだとほぼ完璧な滑り」とお褒めいただきました。ところがストックを持ち自由滑走となると昔からの悪癖が出てしまう。今シーズンはもうストックなしで行きましょうか……。

 年内最後のホンダバイク試乗は、125ccのGROMであります。

ははは。これは楽しい。小さいのに本格派。街中をキュンキュン飛ばせます。小径タイヤなので速度が上がってくると少しバタつきますが、まあ許容範囲内。

 生産国はタイで、日本へは逆輸入されています。海外ではMSX125の名称で販売されているそうです。今週は何かと忙しくてあまり距離を稼げませんでしたが、これで奥多摩とかを走ってみたかった。

 さてさて、それでは本編へとまいりましょう。

 新春シャンソンショー第1弾は、ジャガー・ランドローバー・ジャパン代表取締役社長、マグナス・ハンソン氏のインタビューです。

続きを読む 2/5 開発目的は「100%ユニークなポジション」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1399文字 / 全文7009文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。