みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 ホンダのバイクを片端から試乗させていただいているわけですが、今週は名車の誉れも高いスーパーカブに乗っております。

Super Cub 110。地味な配達用バイクのイメージが強いですが、色を変えればこんなにポップなイメージになる。
Super Cub 110。地味な配達用バイクのイメージが強いですが、色を変えればこんなにポップなイメージになる。

 110ccのエンジンは、街乗りに際し必要にして十分なトルクがある。99kgの車体はヒラヒラと軽い身のこなし。いや、これは楽しい。

燃費はリッター62キロ。メーカーが標榜する数値は、専門家が特殊な条件下で出すチャンピオンデータですから、眉唾もいいところなのですが、ことスーパーカブに関しては素人が乗っても本当にいい数字が出てしまう。満タン方式で測ったら、実にリッター50キロも出ていました。ブンブン吹かしてキーッと止まる、悪名高いフェル燃費でこれですからね。本当に素晴らしい。
燃費はリッター62キロ。メーカーが標榜する数値は、専門家が特殊な条件下で出すチャンピオンデータですから、眉唾もいいところなのですが、ことスーパーカブに関しては素人が乗っても本当にいい数字が出てしまう。満タン方式で測ったら、実にリッター50キロも出ていました。ブンブン吹かしてキーッと止まる、悪名高いフェル燃費でこれですからね。本当に素晴らしい。

 やってしまいました……。
 ハスクバーナのブレーキペダルを青色にアルマイト加工された部品に交換しようと漫然とネジを回していたら、頭を舐めてしまったのです。

ツルツルです。こうなるともうどうにもなりません。
ツルツルです。こうなるともうどうにもなりません。

 困った時の深川先輩。「ネジを舐めちゃいました」とメールをしたら、即座に「しょうがないな、ウチに持ってこいよ」と返信が来た。ありがとうございます。頼りにしています。

 エンジンの載せ換えも自分でやってしまう深川先輩のお屋敷は拙宅から徒歩2分(広大な敷地面積で、門から玄関まで1分くらいかかりますから、正確には徒歩3分)。大きな地下ガレージにはナンバーの付いていないレース用のバイクと工具が整然と並んでおります。

 ドリルで穴を開けて、「折れ込みボルト抜き」なる逆ネジが切ってある謎工具で抜こうとしますが、どうにもうまくいきません。

ヤバい感じです。余計なことをするんじゃなかった……。
ヤバい感じです。余計なことをするんじゃなかった……。

 コーヒーブレークの後、「温めてみるか……」と、ヒートガンというドライヤーの親玉のような道具を取り出した。これで1分ほど加熱して、再度ボルト抜きをゆっくり回してみると……あ~ら不思議。スルッとネジが回るではありませんか。

いやー助かりました。いろいろ試行錯誤したのでエラく時間を使わせてしまいました。
いやー助かりました。いろいろ試行錯誤したのでエラく時間を使わせてしまいました。

 「これから部品を交換する時は勝手にやらず必ず事前に相談するように」と厳命されました。

深川先輩。頼りにしております。いや実は週末にフェル2号が納車されるんですよ。メンテの関係もありますので、ご多忙とは存じますが立ち会っていただけますでしょうか?
深川先輩。頼りにしております。いや実は週末にフェル2号が納車されるんですよ。メンテの関係もありますので、ご多忙とは存じますが立ち会っていただけますでしょうか?

 カートップの取材で、「FLAT 4」の創業者である小森隆さんの秘密基地を訪問しました。
 いや、すごいすごい。本当に凄い。外装黒、内装赤にビシッと統一されたお宝コレクション。
 すべてナンバーが付き、いつでも走行可能な状態に整備されている。
 64年式ポルシェ356SCをアシにされていて、思わず「もったいない……」と独りごちたら、「クルマは乗らなきゃ意味ないでしょ」と。

広大なお屋敷もセンス溢れる素晴らしいものでした。詳しくは次号のカートップで!
広大なお屋敷もセンス溢れる素晴らしいものでした。詳しくは次号のカートップで!

 と、最後にお知らせがひとつ。
 マイトのY氏が共著で新型コロナとワクチンに関する本を出されました。わたしもまだ読んでないんですけどぉ(松本伊代調)。

「僕はあくまで聞き手で、主役は語り手の峰宗太郎先生です。先生にはある意味もうしわけないのですが、フェルさんのインタビュー並みの読みやすさと身も蓋もなさを目指しました。『<a href="https://www.amazon.co.jp/dp/4532264502/target="_blank">新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実</a>』、よろしくお願いいたします!」(Y)
「僕はあくまで聞き手で、主役は語り手の峰宗太郎先生です。先生にはある意味もうしわけないのですが、フェルさんのインタビュー並みの読みやすさと身も蓋もなさを目指しました。『新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実』、よろしくお願いいたします!」(Y)

 大変な自信作だそうです。この本の宣伝も含め、近々Y氏との掛け合い漫才的な音声コンテンツをお送りする予定です。お楽しみに!

 ということで本編へとまいりましょう。
 今回からは、あの世界的メーカーの工場見学記をお送りします。

続きを読む 2/5 ヘルメットに求められるもの

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2361文字 / 全文6523文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。