(前回はこちら

 レジェンドはエンジンと3つのモーターを複雑に組み合わせた、極めて高度なハイブリッドシステムを搭載している。

 3つのモーターとエンジンの出力を単純に足し算すると37×2+48+314=436馬力になるはずだ。しかし表示されている“システム最高出力”なるものは382馬力とされている。54馬力はどこへ消えたのか。まずは前回の最後の部分から。

完成車開発統括部 車両企画管理部 LPL シニアチーフエンジニア、青木 仁さん
完成車開発統括部 車両企画管理部 LPL シニアチーフエンジニア、青木 仁さん

フェルディナント・ヤマグチ(以下、F):なるほどねぇ。勉強になります。そうそう。一つ伺いたいのですが、NSXでもプリウスでもそうなのですが、「システム最高出力」ってエンジンの最高出力とモーターの最高出力の合計にならないじゃないですか。100+50が130みたいな。なんで150にならないんでしょう?

完成車開発統括部 車両企画管理部 LPL シニアチーフエンジニア 青木 仁さん(以下、青):ああ、それは簡単です。それはですね……。

 前回はここで「そろそろ出社の時間」と言いわけをして尻切れトンボで終わっている。
 しかし酷い終わり方だなぁ……。申しわけございません。続きにまいりましょう。

:エンジンとモーターの特性の違いです。エンジンにはトルクカーブというものがあって、それに沿ってエンジンの出力が出るのですが、モーターは違う。モーターはいかようにでも調整できちゃうんですね。

F:それじゃエンジンの最高出力が出るところとモーターの最高にオイシイ部分を合わせることもできるんですね。つまり単純な足し算の最高出力を出すことも、レジェンドで言えば436馬力を出すことも原理的には可能なわけですか?

:はい。実はやろうと思えばできるんです。エンジンの一番てっぺんのところと、モーターのてっぺんを合わせてしまえばいいだけですから。でもそれではハイブリッドにする意味がありません。低速が弱くなって、せっかくのモーターの長所を生かせませんから。

(写真:ホンダ)
(写真:ホンダ)

F:なるほどそうか。エンジンが最も苦手な走り出しの部分、低速ノロノロの部分を、最初からドンとトルクの出るモーターで補うのがハイブリッドのもともとの目的ですものね。それを高い回転数に合わせたら意味がない。

:うんと単純に言うとそういうことです。特にレジェンドのリアの2モーターは、出だしからパッと駆動力を出したいし、路面の状況、ステアの状況、その他様々な要素を取り込んで、瞬時に演算して決めているからなおのことです。

F:とてもよく分かりました。ありがとうございます。しかしレジェンドのハイブリッド制御、4輪の制御というのは本当によくできていますよね。処理しなくてはいけないファクターがあまりにも多いので、演算が大変そうです。よほど頭のいいコンピューターを積んでいるのでしょうね。

大型SUVに積まれてやってきたのは

:その4輪の制御なんですけどね、もともとは……と。これは話しちゃマズイかな(苦笑)。

F:そこまで話したんだから言っちゃいましょうよ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5029文字 / 全文7057文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「なぜ世界はEVを選ぶのか」(全2回)

 日経ビジネスLIVEでは2人の専門家が世界のEV事情を解説するウェビナーシリーズ(全2回)を開催します。

 9月30日(金)19時からの第1回のテーマは「2035年、世界の新車6割がEVに 日本が『後進国』にならない条件」。10月14日(金)19時からの第2回のテーマは「欧州電池スタートアップのCTOが現地報告、巨大市場争奪の最前線」です。各ウェビナーでは視聴者の皆様からの質問をお受けし、モデレーターも交えて議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。


■第1回:9月30日(金)19:00~20:00(予定)
テーマ:2035年、世界の新車6割がEVに 日本が「後進国」にならない条件
講師:ボストン コンサルティング グループ(BCG)マネージング・ディレクター&パートナー滝澤琢氏

■第2回:10月14日(金)19:00~20:00(予定)
テーマ:欧州電池スタートアップのCTOが現地報告、巨大市場争奪の最前線
講師:フレイル・バッテリー(ノルウェー)CTO(最高技術責任者)川口竜太氏


会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
主催:日経ビジネス
受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。