全5554文字

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 土曜日は購入したばかりのハスクバーナでモトクロスのコースを走ってきました。
 バイク楽しいです。

ご指導いただくのはAntonio和歌氏。走行前にはマシンのチェックを。チェーンのたるみが少し大きかったので(3.5cmが適正値とのこと)、ササッと調整していただきました。「バイクに乗るなら簡単な整備くらいは自分でできなきゃダメですよ」と。勉強します。

 サスペンションを元の長さに戻した愛車のシート高は驚異の960mm。先週まで乗っていたCRF250 RALLYのType LD(ローダウン仕様車)より130mmも高い。連続してシート高の低いバイクに乗ってきたので、フラつくとすぐに足を着いてしまう癖がついている。まずはこの“悪癖”を直していかなくてはいけません。

ハスクのシートはかくも高い。確実に足を着くには、このように尻をずらす必要があります。街中を走る際は特に注意しなければ。信号待ちで立ちゴケなんてしたらカッコ悪いですからね。

 それにしてもこの車両のエンジンの爆発力は凄まじいものがある。不用意にアクセルを煽ると簡単にフロントが浮いてしまいます。硬いサスペンションに硬いシート。ゴツゴツとした振動が容赦なく尻を襲う。「走る三角木馬」なる異名もうなずけます。

 そう言えば社会人になりたての頃、六本木のカラオケで「飛び出せ!青春」というテレビドラマのテーマソングをえらく上手に歌うご婦人と同席する機会がありました。話していたら、その歌の歌い手さんご本人でいらして、思わず「あ、もしかして青い三角木馬の……」と口走ってしまいマジギレされたことがありました。そりゃ怒るわなぁ。バンドの名前は正しくは「青い三角定規」。曲名は「太陽がくれた季節」。今から35年も前の話であります。

本人は仮面ライダーばりの大ジャンプをカマした気分なのですが、こうしてビデオを見るとショボいなぁ……練習しないと。

 なんちゃってモトクロスの翌日は、名車CB400 SUPER FOURで清里へ出かけました。
 オフばかりではなく、徐々にロードにも慣れていきましょう。

ああ美しい。まるで宝石のようなバイクであります。高速の料金所で係の方が「きれいなバイクですねぇ……」と唸ったものでした。速く、力強く、何よりも乗りやすい。これ以上の排気量など必要ないのではありますまいか。

 潰れたペンションや、廃虚と化したお土産屋が寂しく並ぶ清里は、往時を知る人間からするとまさしく「隔世の感」であります。昔はそれはそれはにぎやかだったんですよ。脱サラしてペンション経営を始めた方々は、その後どうされたのでしょう……。銀行が貸せないような案件でも、傘下のノンバンクがホイホイ融資していましたからね。

一緒に走ってくれた井手くん。彼のトライアンフはいまだ工場から帰らず、代車での参加となりました。彼のバイクが入院したのは8月9日です。ミッションのピンが外れた程度の軽微なトラブルに2カ月以上もかかっている。250万円もするバイクを正規ディーラーで購入してこの体たらく。「部品が本国から届かない」とのことですが、ストックはないのでしょうか。国産ならこうはなりますまい。こんなのを見ると「輸入車はコワイ」と思わざるを得ない。

 ということで本編へとまいりましょう。
 F1参戦終了を発表した途端に株価が跳ね上がったホンダの最高級車、レジェンドの試乗記であります。