全6386文字

:開発は同じチームでやりました。(SWIFTの開発とは)タイミング的にも少しずれていたのもありますが、スズキの人間はみんなクルマ造りに対してすごく真面目なので、まず「SWIFTはこういうクルマにしたい」という話をすると、みんなが一斉にワッとそれに向かって突き進んでいくような感じですね。それはSportでも1.2リットルのガソリン車でも同じことです。

F:なるほど。スズキの人はみんな真面目。
 Sportに関しては、構想段階から「今回は3ナンバーでやろう」と心に決めていたのですか?

:Sportを、私がですか?

F:はい。小堀さんご自身が、最初からそう決めておられたのですか?

:これは自分だけで判断できることではないので、いろいろな方に相談に乗ってもらいながら、どっちがいいんだという話をしてきました。

F:先ほど3ナンバー化には反対意見もあったと伺いましたが、反対意見は誰が言うのですか。やはり国内営業から、「こんなんじゃ売れない」というふうな意見が出るのですか?

:誰が反対したかというのはちょっと控えますが、やっぱりそこはいろいろな意見があるんです。社外にも「5ナンバーじゃなきゃSWIFTじゃない」というお考えの方は、今でもいらっしゃいますし。スズキの中でも、特にSWIFTは皆注目しているので、いろいろな意見が出るんですよ。

説得するなら、乗せるに限る

F:「5ナンバーじゃなきゃSWIFTじゃない」という意見を聞くと、なるほど日本国内ではそうだよね、と思わせる説得力があります。逆にSportの3ナンバー化反対の人には、何と言って説得したのですか? なるほど、なるほど、それなら3ナンバーが必要だよね、と思わせたようなキーワードはありますか?

:別に特別なキーワードはありませんでした。ただ、Sportを求めるお客様は運転することが大好きで、運転していて楽しいと思ってもらえることが何よりも大切だと話しました。Sportを求めるお客様の最大の価値をサイズで縛ってしまっていいのかと。よりパフォーマンスが出せる商品にしたほうが、お客様には絶対に喜んでもらえると思うと。

 あとはあれです。クルマに乗せちゃうことです。開発途中のクルマに乗ってもらって、どうでしょうとやれば、基本的にみんな運転が好きな人なので、ニコニコしながら降りてきて、「やっぱりトレッドは広くしなきゃダメだな」と(笑)。

F:実際に乗せると意見が変わる(笑)。

:変わりますね(笑)。日本の標準ボディに1.4リットルのターボを載せたものと、欧州仕様車に載せたものとを乗り比べてもらう。するとみんな、「やっぱり違いがあるよねぇ」と。

F:一発で意見が変わっちゃう(笑)。あはははは。スポーツカーの開発はみんな同じですね。レクサスの矢口さんも、86の多田さんも、みんな同じ戦法で上の人を説得してしまいました。「乗せれば黙る」「乗せれば変わる」。これは各社共通のスポーツカー開発突破術ですね(笑)。

(写真:スズキ)

 ますます盛り上がってまいりました。
 SWIFT開発者、小堀さんのインタビューは次回に続きます。