全6386文字

フェルディナント・ヤマグチ(以下、F):SWIFT全般のことを伺いましたので、そろそろ本日の主題であるSWIFT Sport(スイスポ)の話を伺いたいのですが。

マイトのY:本日の主題ってあんた……。これSWIFT全般の取材でしょ?

F:今回スイスポは我が国の憲政史上初めて3ナンバーになりました。

マイトのY:日本の憲政とスイスポは関係ないでしょうが……。

F:つまりそれほどの大事件ということよ。自民党の執行部人事より、スイスポの3ナンバー化のほうが、国民の関心度は圧倒的に高い(笑)。

 しかしいくらSportとは言え、SWIFTが3ナンバーになってしまっていいのでしょうか。国内市場は「3ナンバー」に抵抗を感じる人が非常に多いと思うのですが、大丈夫なのでしょうか?

四輪商品第二部 スイフト チーフエンジニア 小堀 昌雄さん

小堀昌雄氏(以下、小):そこはフェルさんのおっしゃる通りです。日本のお客様はやっぱり5ナンバーが主流で、3ナンバーはちょっと……という意識が今でも非常に強い。もう遺伝子レベルで刷り込まれていますので、3ナンバーに対してはすごく大きな抵抗を感じてしまうんですね(笑)。

F:遺伝子レベルで3ナンバーはイヤと(笑)。スズキとしてもそこまでの認識でいらっしゃるのに、あえて3ナンバーにした理由を教えてください。社内で反対はありませんでしたか? いずれにしても、相当なご決断があってのことだったと思います。

「Sportであればこの大きさもアリだ」

:今や税金も変わりませんし、有料道路でも料金は一緒です。ごく一部のフェリーで料金差が残っているところはあるのですが、それ以外ではほとんど3ナンバーだからといって余計にお金が掛かることはありません。これを詳しくご説明しても、やっぱり5ナンバーにこだわるお客様はいまだに多いんです。ですからSWIFT Sportを3ナンバーにするときは、やはりその辺の議論は社内でもありました。

F:反対意見も出ましたか?

:もちろん出ました。ですが今回のSportは、1トン以下の車重に1.4リットルの直噴ターボを合わせた車両です。お客様が安全、安心に乗れることを最優先にしなければいけません。
 動力性能をしっかりと出せるサイズとして、トレッドを広げた仕様が必要だったのです。

F:軽い車体に強力なエンジンを積んだクルマでバンバン飛ばそうとすると、どうしても広いトレッド幅が必要になってくる。だから車幅が(5ナンバー枠の)1700ミリを超えてしまったと。

:はい。思うように地面をつかまえて旋回するためには、トレッドを広げるとやっぱりコントロール性はよくなりますからね。広がった分だけ安定しますので。

F:新しいスイスポの車幅は1735ミリ。旧型から40ミリの拡大です。たったの4センチで、そんなに走りは変わってくるものなのですか?

:もちろんどんな走行シーンを想定するかにもよりますが、使われるシーンが極限に行けば行くほど、間違いなくその差は出てきます。実はSportを出してすぐにお客様のところにヒアリングに行ったのですが、「Sportであればこの大きさもアリだ」という声をたくさんいただいて、安心したんです(笑)。

スズキ広報:横から失礼します。ちょっと補足させていただきます。国内で販売しているSWIFT Sport以外の仕様は道路状況を考えながら、5ナンバーが適切ではないかということで5ナンバーにしております。一方でSportに関しては、「走り」にこだわるお客様が非常に多いということで、走行性能を優先して欧州と同じ3ナンバーサイズにしています。それで国内のお客様の評価はどうかというと、(前回紹介した搭載エンジン別ではなく)購入のグレードの順番を見ますと、現状で1番売れているのがSportなんですね。時期にもよりますが、だいたい3割ぐらいがSportです。そういう意味では、お客様は3ナンバー化をポジティブに受け取ってくださっているのではないかと考えております。

F:お、さすが広報。模範解答(笑)。

マイトのY:コラッ!