全7274文字

F:そういえば何年か前にトヨタが南武線の車内広告を求人でジャックしたことがありました。コピーもすごかった。何しろ「えっ!? あの電気機器メーカーにお勤めなんですか! それならぜひ弊社にきませんか。」ですからね。電気屋にケンカ売ってんのかと(笑)。
(南武線沿線には、東芝、富士通、NECにキヤノンと大手電気機器メーカーが多い)

:そんな話もありましたね(笑)。

F:自動車メーカーに大きく文化の異なる電気機器メーカーの人が続々と入社している。買い手の感覚が変わってきているうえに、造り手側の感覚も徐々に家電化していくのかもしれません。お客さん側で他に何か新しい動きを感じたことはありますか?

カーシェアからの移行組が続々と

:カーシェアですね。カーシェアからの移行組が増えました。(カーシェアリングのクルマは)いろいろな人が乗るじゃないですか。

F:あー確かに。どこの誰が乗っているかも分からない。車内の消毒とかどうなっているかも分からない。

:はい。やっぱり自分のクルマを持ちたいから……と買われる方が増えてきました。

マン:今までカーシェアなどを利用していたということは、いろいろ選択肢がある中で、クルマのプライオリティーがやや低めの人たちじゃないですか。それでもコレツィオーネさんに問い合わせしてくるのは、「どうせ乗るならこういうかわいいのがいいかな」と、意志を持って選択し始めたということですよね。

:それはあるかもしれません。

F:価格はどうですか? コレツィオーネではあまり落ちていないという話でしたが。

:ヴィンテージカーとかヘリテージカーが落ちると思っていたのですが、あまり落ちてないですね。

F:落ちない。

:いや、多少は落ちているとは思いますが、実際はあまり変わらないですね。車種によって大きく異なります。ただ、みんな下がるだろうというふうに思っていたら、下がらないものは全く下がりません。強いて挙げれば、ちょっと下がったかな……という印象はあったのが、やっぱり400万~500万円前後の価格帯です。ヨーロッパ車とアメリカ車はもうかなりの供給過多ですよね。これからたぶん谷が来ると思います。

F:うーむ。

:その一方で、この状態が続くと、中古車のタマ不足が起きる可能性もあります。

F:それはどういう……。

:現地の工場が止まっているでしょう。物流も滞っていてモノが入ってこない。輸入車ディーラーに売り物がなくなってしまう。彼らは何かを売らなければ仕事になりませんから、認定中古車を売ることになる。ディーラーの認定中古車の条件を満たすクルマは限られています。だからそこでタマの取り合いが起きる。コロナの状態がこのまま続けば、タマ不足が起きる可能性もあるんです。

F:なるほど。実に興味深いお話です。いや、今日は本当に勉強になりました。ありがとうございました。

:こちらこそ。ありがとうございました。

F:フェラーリを買うときは成瀬さんに相談します(笑)。

:お待ちしています。下に何台かありますから、下見をなさっていってください。

 中古車の世界は非常に広いものです。

 成瀬さんのように明朗快活な方が優良顧客に囲まれて清廉なビジネスを展開されている一方で、怪しげなブローカーが跋扈しているという事実もある。

 次回は別の角度から、マクロ的な視野で中古車市場を見てみようと思います。
 マクロと言えばあの会社。お楽しみに!