全8404文字

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 蒲田の商店街を歩いていたら、居酒屋の軒先に露天商よろしくたくさんの酒が並べられている。よく見ると入手困難な銘酒がゴロゴロ並んでいるではありませんか。

居酒屋の店先に並べられた銘酒の数々。中には入手困難なあのブランドも……。

 よく見ると愛する「百年の孤独」も3980円で売られている。定価の3割引き以下の価格です。たとえ居酒屋でも、こんな価格では仕入れられないでしょう。在庫はありますかと尋ねると、店内にもう1本あるという。もちろん即買いしました。

 他にも「新政」やら「而今」やら「十四代」やら、すごい日本酒が文字通りゴロゴロ並んでいて、一瞬ヨロっときたのですが、なにしろ道端に置かれた商品です。保存状態が気になり、怖くて手が出せませんでした。お店の生き残りを懸けて一気に在庫処分を進めたのでしょう。

 新型コロナウイルスの影響はレースの世界にも及んでおりまして、F1も初戦のオーストラリアGP、第8戦のモナコGPはキャンセルになってしまい、その他の試合も続々延期が決定。自粛が続いています。

 昨年散々追いかけたホンダF1も、今シーズンはすべての活動が止まっていて、パワーユニットの開発拠点であるHRD Sakuraも、イギリスのHRD Milton Keynesも出社ができない状態になっています。7月のオーストリアから開幕する(といわれている)グランプリにはどのように臨むのでしょう。また開発陣、テスト陣、そしてドライバーのモチベーションをどのように維持していくのでしょう。下馬評では「今年のホンダは速い」といわれていましたが、実際のところはどうなのでしょう。F1マネージングディレクターの山本さんにお話を伺いました。

 残念ながらこのインタビューは当欄の記事にはなりませんで、「ベストカー」連載の「フェルディナント・ヤマグチのザ・インタビュー」に掲載する予定です。

ホンダF1マネージングディレクターの山本雅史氏をスカイプでインタビュー@ベストカー編集部。やっぱり山本さんはいいなぁ。「ファンあってのF1」という言葉が印象的でした。

 しかしオーストラリアGPにおけるスタート直前のレースキャンセル裏話は実に面白かった。午後から始まるフリープラクティスに向けて、レース車両は準備万端整っている。レーサー諸公も精神を集中し深呼吸をしている。開場を待つファンはチケットを握りしめてゲートの前で今か今かと待っている。前座レースの車両は既にエンジンをブンブン吹かしている。そんな中での中止決定です。そこにはどんなドラマがあったのか。次号のベストカーをお楽しみに。

 ということで本編へまいりましょう。
 今回は昨年のモーターショーで出合ったプロテクションフィルムの施工リポートです。