全7147文字

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 長い連休は、UK CLASSIC FACTORYさんにランチア・ストラトスのレプリカからの乗り換えで、ACコブラのレプリカをお借りして乗り回していました。

墨田区のUK CLASSIC FACTORYガレージ。大人のおもちゃ箱のような場所です。楽しい。

 レプリカというと、もとになるクルマにガワをかぶせただけのハリボテのようなクルマをイメージしてしまいますが(実際にそのテのクルマが非常に多い)、このコブラは先週のストラトス同様にシャシーから起こした本格派。本家本元のACカーズと同じイギリスの名門、AK Sportscarsの製品です。エンジンはフォードではなく、GM製のLS3型 V8 6.2リッターが搭載されています。2代前のコルベットと同じエンジンですね。

GM製のLS3型 V8 6.2リッターエンジン。さらにスーパーチャージャーまで装備され、暴力的な加速であります。

 墨田からの帰り道。首都高の上でエンジンがプスンプスンと機嫌を損ねはじめ、しまいにはウンともスンとも言わなくなってしまいました。エンストです。慌ててハザードを点けて惰性で走ってなんとか安全な路肩にたどり着いた。連休中で交通量が少なかったのが不幸中の幸いです。

まさかのガス欠でありました。高速の上で1時間も助けを待って泣きそうになりました。燃料計ではまだ相当な余裕があったのですが……。こういうクルマのメーターを信用してはいけませんな。JAFに入っていなかったので、1万8000円の大散財。夕飯はカップラーメンに……いや節約して袋麺にしましょう。

 ともあれ、ガソリンさえ入っていれば非常にいいクルマです。ハンドルもペダル類も呆気ないほど軽く、見切りもいい。ず太いトルクは家の近くでは1速固定。環八で2速固定という感じです。原油大暴落でガソリン価格も低位安定しているので、こうした大食らいのクルマでも気にすることなく走り回れます。

このクルマもやたらと写真を撮られ話しかけられます。ストラトス同様にオジサンばかりですが……。

 運転しやすいことは間違いないのですが、一方でプリミティブなクルマなので電子制御の類いが一切付いていない。なんと言いますか、まあ踏めば滑ります。普段は自分がいかに「クルマに乗せられている」かが、よく分かりました。

生ハム伝道師の新町賀信氏が経営するサルメリア69にて。

 新町さんは大のオープンカーファンで、通勤用のスマートをはじめ、複数所有するクルマはすべて屋根が開くクルマ。閉店間際の店に寄り、しばしのクルマ談議。楽しゅうございました。

 さてさて、それでは本編へとまいりましょう。
 ダイハツが生んだSUV界の革命児。Rocky(ロッキー)の開発者インタビュー続編であります。