全6534文字

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 先週号でご紹介した、ストラトスに尋常ならざる興味を示されたDUCATI乗りのタクシー運転手さん。記事を読んだ後輩の嶋本くんから、「今日の記事に出ていた方、遠藤さんですね。ドカ仲間です」と連絡がありました。DUCATI同好の士のチームがあり、そこで一緒に走っているのだと。いや驚きました。世間は狭いです。(この様子だといつになるか分かりませんが……)バイクの免許が取れたらツーリングをご一緒させてください。趣味性の高いクルマは、こういう出会いがあるから楽しいです。

意外なところでつながっているものです。バイクの免許が取れたらいろいろ教えてください。しかしこうして見ると、昔のクルマって本当に小さいですね。

 愛車フェル号。プロテクションフィルムを施工するためにドック入りしています。
 細かい傷を補修して、下地を磨いてから施工するので、結構な時間入庫していることになる。

 「その間はこれに乗って遊んでいてください。メチャ楽しいですよー」とmaniacs STADIUMの山下さんから貸していただいたのが、名車の誉れ高いフォルクスワーゲンのルポGTIであります。いや、いいんですよこれが。

軽い!速い!気持ちイイ!VWの良心がギュッと凝縮されたルポGTI。アルミを多用し、重量1010kg。やっぱりMT車って楽しいです。

 これだけ小さいクルマで、しかもアルミを多用していて重量1010kg。これよりも二回りは大きくて、大径タイヤを履いたRockyが980kg。ここでムリヤリ本文にこじつけますが、Rockyの軽さはやはり群を抜いています。

 コロナの影響で東京マラソンが中止になってしまい、その1カ月後の石垣島トライアスロン2020も中止になってしまいました。以降エントリーしていたJTU(日本トライアスロン連合)公認のトライアスロン大会は続々と中止、もしくは延期が決定し、遂には8月まで全ての大会がキャンセルされてしまった。ガックリです。そもそも走ること自体がそれほど好きではないので、大会という目標がないと走る気になりません。ノートレの日々が続き、身体は腐っていく一方です。

 これではイカンと、ぼちぼち走り始めました。少し走っただけで息が上がる。2カ月半のブランクは思ったよりも大きかった。

トライアスロン仲間の柏崎龍進氏に教えてもらった野川の河川敷ルート。家から走ってわずか10分の場所にこんなコースがあったとは……。急に狸が飛び出してきたりして、山奥にトレランに来たみたいです。

 今年の連休はどこにも行けないし、近所をサクッと走って、あとは家でおとなしくしていようと思います。

 さてさて、それでは本文へとまいりましょう。
 売上絶好調。ダイハツが放った5ナンバーの秀作。Rocky(ロッキー)の開発者インタビューです。