みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 新コロの影響で暮らしが一変しています。連日連夜の会食がゼロになり、外出は本業の出勤と軽いジョグの2つだけ。出勤はもちろん自分のクルマで。同乗者がいない限り、これ以上安全な空間はありますまい。

 日用品の買い物は会社からの帰路に近所のスーパーにサッと寄って済ませています。

近所のスーパーはパニックになることもなく、通常通り営業しています。レジの前の床にはテープが貼られ、このようにソーシャルディスタンスが維持されている。
近所のスーパーはパニックになることもなく、通常通り営業しています。レジの前の床にはテープが貼られ、このようにソーシャルディスタンスが維持されている。

 「自家用車」のありがたみが身に染みます。公共交通機関の発達した都会に住んでいる限り、クルマを持つ意味などほとんどないという風潮がありましたが、こうなると話が違ってくる。クルマがないと安全な暮らしが送れない。何年も前に手放してしまった友人も、「やっぱりクルマは必要だな……」と再購入する人が出始めている。そう、「やっぱりクルマは必要」なんです。

自家用車で移動するのが一番安全です。写真はアウディA1のコックピット。<a href="https://8speed.net/" target="_blank" class="textColRed">8speed.net</a>で「アウディを小さい順に全車種試乗する」なる記事を執筆する予定だったのですが、のっけから頓挫してしまいました。全ての自動車メーカーが試乗車の貸し出しを停止しているのです。コロナめ……。
自家用車で移動するのが一番安全です。写真はアウディA1のコックピット。8speed.netで「アウディを小さい順に全車種試乗する」なる記事を執筆する予定だったのですが、のっけから頓挫してしまいました。全ての自動車メーカーが試乗車の貸し出しを停止しているのです。コロナめ……。

 メルセデスだろうが軽自動車だろうがクルマはクルマです。ウイルスから身を守るには最強の手段です。当欄の読者はクルマを持っている方がほとんどでしょうが、既にクルマを手放された方、私の愚息のように自家用車不要論者の方、ここで真剣に購入を検討されてはいかがでしょう。

ともあれ、大手のインポーターでなければ、個別でこのようなスペシャルなクルマが借りられる。友人の勝見祐幸氏が輸入販売する<a href="https://www.ukclassicfactory.com/str" target="_blank" class="textColRed">ランチア・ストラトスのレプリカ</a>。いやはやすさまじいクルマです。こちらはベストカーで記事にしますのでお楽しみに。
ともあれ、大手のインポーターでなければ、個別でこのようなスペシャルなクルマが借りられる。友人の勝見祐幸氏が輸入販売するランチア・ストラトスのレプリカ。いやはやすさまじいクルマです。こちらはベストカーで記事にしますのでお楽しみに。

 非常事態宣言によりレインボーモータースクールも5月6日まで閉鎖されてしまいました。せっかくコツがつかめていた波状路や一本橋のカンが薄れてしまうのではないかと心配でなりません。まさか無免で練習するわけにもいかないしなぁ……。

 自分がバイクに関わると、今まで気にも留めていなかった「他人の乗り方」が目に付いて来るものです。こうして足をダランと下ろして乗っておられる方、多いですよね。これはどうしてなんでしょう。こうしたほうがラクなのでしょうか……?

スクーターの方に多い乗り方。スタート直後ならまだ分かりますが、このスタイルでずっと乗っておられるのです。危険しかないと思うのですが……。
スクーターの方に多い乗り方。スタート直後ならまだ分かりますが、このスタイルでずっと乗っておられるのです。危険しかないと思うのですが……。

 夏までに免許が取れるのでしょうか……。新コロの早期収束を祈ってやみません。
 それでは本編へとまいりましょう。

続きを読む 2/5 四半世紀前から名前は変わっていた

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。