「途中でアクセルを緩めず、イッキに行きましょう」とアドバイスを受けたのだが、そこは素人の悲しさ、アクセルを踏み切れず、坂の途中で停止してしまった。「1回バックで下りたほうが良いでしょうか?」「大丈夫です。このまま行けます」。何と、Gクラスは45度の坂道で一時停止して、そのまま走り出すことができるのだ。

角度が変わる部分で止まってしまった。
角度が変わる部分で止まってしまった。

 「もちろん下がグレーチングで、グリップの条件がいいからできることです。オフロードの坂道だとこうはいきません。今フェルさんが言った通り、いったん下に下りて、登り直す必要がありますね」

 写真で見ると大した角度に見えないが、実際に相対すると、45度は大変な角度である。

奥志賀・熊落とし+15度の急斜面

 奥志賀高原スキー場で一番の急斜面といわれる「熊落とし」のコースで最大斜度が30度。白馬は八方尾根の名木山の壁でも35度である。国内には最大斜度45度をうたうコースもいくつかあるが、そのほとんどは昨今の雪不足で着雪せずにクローズされているのではないか。

 アクセルを踏み、エンジンの回転を上げて、今度はイッキに登った。先行きが見えず、フロントの窓越しに青空だけがポッカリ見えるのは、今までに経験したことのない、何とも不思議な光景である。

行き先が見えない場所を走るのは本当に怖い。フロントガラスから空がポッカリ見えるのも初めての体験だ。
行き先が見えない場所を走るのは本当に怖い。フロントガラスから空がポッカリ見えるのも初めての体験だ。

 トルクが強大なディーゼルエンジンは、軽々と、実に軽々と急坂を登り切ってしまった。クルマを地面と平行にして、今度は下り坂。上から見ると、坂はさらに急角度に見える。ほとんど垂直だ。クルマがゴロンと前転してしまうのではないか。

下りはもっと怖い。ゴロンと前転してしまいそうだ。
下りはもっと怖い。ゴロンと前転してしまいそうだ。

 「アクセルもブレーキも踏まず、アイドリングで下りましょう」
 西さんの指示に従い、右足は床に、左足はフットレストに預ける。クルマはゆるゆると坂を下りる。

こちらの動画はフェルの運転。しかしGクラスってすごいなぁ……また買っちゃいましょうか。

 すごい。楽しい。もう1回。
 周回を重ねるうちに、何となく勘どころがつかめてきた。うーん。自分のクルマでやりたかった。もう一度買おうか。しかしGクラスはコロナ不況もどこ吹く風で、大大大の大人気。現在9カ月待ちの状態であるという。

 次号では、39年ぶりに生まれ変わったGクラス絶好調の裏話をお届けします。

次ページ カメラマン高橋マンちゃんの車外インプレッション