「まだまだ余裕です」

 続いて左右に設置された大きなモーグルを越える。車体が大きく傾く。ギシギシと妙な金属音が車外から聞こえてくるが、これはモーグル台が軋む音だろう。写真でご注目いただきたいのは、右ブッシュから左ブッシュへ変わる際のクルマの姿勢だ。サスペンションのストロークを最大限に使い、クルマの姿勢がほぼ水平に保たれている。軍用車両の血を引くクルマの本領発揮である。

クルマの姿勢にご注目。これだけの段差でも、平行が保たれている。
クルマの姿勢にご注目。これだけの段差でも、平行が保たれている。

 次に、右に大きくバンクした傾斜路に入る。徐々にクルマが傾いていく。いささかの恐怖を覚える。これはすごい。本気ですごい。事前にプロが運転するクルマで“予習”していたから迷いなく臨んだが、自分の判断では絶対に入らない角度である。すごい。「俺のクルマはこんなことができたのか」というのが正直な感想である。

 それでも「この角度は相当な余裕を見ています。本当はもっと、あと7度くらいはいけます」とのことだった。恐るべしGクラス。

これだけ傾くとさすがに怖いです。「転がさないでくださいよ……」と不安そうに見守るマイトのY。
これだけ傾くとさすがに怖いです。「転がさないでくださいよ……」と不安そうに見守るマイトのY。
撮影中の高橋マンちゃん。中から見るとこんな感じ。
撮影中の高橋マンちゃん。中から見るとこんな感じ。
そして車内はこんな感じ。西さん、私の運転が信用ならず引きつっておられます。
そして車内はこんな感じ。西さん、私の運転が信用ならず引きつっておられます。

 そしていよいよ本日のメインイベント。角度45度のブリッジである。

次ページ 奥志賀・熊落とし+15度の急斜面