全7341文字

佐伯 禎一 トヨタ自動車 Mid-size Vehicle Company MSZデザイン領域統括部長(以下、佐):たくさん(試乗車に)乗っていただいてありがとうございます。僕が今回のRAV4で一番やりたかったのは、ドライバーの操作に対して「クルマが素直に動く」ということです。

フェルディナント・ヤマグチ(以下、F):クルマが素直に。なるほど。

トヨタ自動車 Mid-size Vehicle Company MSZデザイン領域統括部長、佐伯禎一さん(写真左)

:まずアクセルを踏む。アクセルを踏むと、クルマがスッと気持ちよく前進する。

F:はい。出ますね。

:でも実はそれが非常に難しいんですよ。

F:え、え? それはどういう……?

 前号ではこの部分で、何とも中途半端かつ思わせぶりな形で終えてしまった。
 続きの部分からお届けしよう。

クルマ造りって、三河の土地を治めるようなもの

:クルマは発進時にアクセルを軽く踏むと、エンジンの回転が1000回転ぐらいポンと上がるんです。でもこのあたりの調整が実はすごく難しい。ドライバビリティーと、踏んだときの気持ちよさと、NVH(Noise、Vibration、Harshness=騒音・振動・ハーシュネスの頭文字を取った、クルマの快適性を表す基準)と、さらには燃費というファクターを、すべて立てなければいけません。逆に言えば、みんなでぶん捕り合いをするんです。

F:なるほど。ポンと気持ちよく出すためには大量の燃料をイッキに噴かなきゃいけない。NVHの向上は基本的に重量増。するとどうしても燃費は悪くなる。

:そう。クルマを造るには、そこをうまい具合にバランスさせなきゃいけません。だからクルマ造りって、三河の土地を治めるみたいなものなんですよ。

F:三河の土地を治める? それはどういう……。