全7190文字

ゴム製品はみな動いていたほうがいい

:ゴムって動かしていたほうがいいんですよ。常に動かし続けたほうが物質として安定します。だから毎日クルマに乗られる方と、例えば月に1回しか乗らない方のタイヤを比べると、乗らないほうがクラックは入りやすくなります。

F:ずっと動かさないのはスポットが付いてしまうからマズいけど、基本は動かないほうが減らないしいいのかと思っていました。

:それは明確に間違っていますね。化学的に言うと、ゴムは常にある程度動いていたほうが安定する物質です。本来は常に動いているべきものを、無理やり固着化して製品にしているんです。だからタイヤという製品になってからも、常に動かし続けたほうがいいんです。

こちらで生産される全てのタイヤは、検査装置による機械検査と人の眼と手による目視検査が行われる。全数である。

F:知らなかった。タイヤは常に動いていたほうがいい。

:タイヤというか、ゴム製品はみんなそうじゃないですかね。

F:ゴムって本来そういうものなんですか?

:はい。ゴムってそういうものです。輪ゴムもずっと使っていると長持ちするけれども、使わないで放っておくとパチンと切れちゃいますね。名刺を留めてデスクの中に放置しているやつとか、年末の大掃除で取り出すとパチンと切れちゃうじゃないですか。

F:あるあるあるある(笑)。

:あれもたまに引き出しから出して、パチパチ弾いてやると良いんですよ。そうすると何倍も長持ちする。

F:知りませんでした。なるほどねぇ。ゴムは動かさなきゃいけないんだ。ゴムは動かさなきゃ、ね。ヒヒヒヒヒ。

マイトのY:また変なこと書かないでくださいよ。多くの読者が月曜の朝に読んでいるんですから。

検査が終わり、あとは出荷を待つばかり。SUV向け大口径タイヤが積まれていた。

F:動かさなければいけないのは天然ゴムだけの話ですか?

:天然も合成もどちらも動かしたほうがいいです。タイヤはカーボンブラックやシリカで補強されているとはいっても、やはり動かしておいたほうがいいですね。

F:なるほど。いや本当に知らないことばかりで実に勉強になりました。今回は大変お世話になりました。ありがとうございました。

:あの、写真の件はよろしくお願いしますね。本当にマズいんで……。

F:はいはい大丈夫です。Yさん、あとはよろしくねー。

マイトのY:コイツ……。

今、次々回の試乗車で奥志賀に来ているのですが、ようやくヨコハマタイヤのアイスガードが装着されたクルマに乗ることができました。製造現場を見たタイヤを付けたクルマに乗れるなんて、本当に幸福です。それではこれから滑りに行ってまいります!(←公開日前日の日曜日にいきなり追加画像を送りつけてきやがって。また首でも脚でも折って……腕だけは折らないでくださいね。折っても〆切は延びませんから。:Y)。

 3週に渡ってお届けした横浜ゴム新城工場突撃リポート、お楽しみいただけましたでしょうか? 工場見学は本当に楽しいです。シリーズ化していくつもりですので、リクエストがあればコメント欄にどうぞ。クルマだけではなく、飛行機や船も面白そう。

 来週からは久しぶりに日本で復活したあのクルマをお届けします。お楽しみに!