全7943文字

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 左足ハムストリングの肉離れを起こしてしまい、トレーニングができず悶々とした日々を過ごしております。経験者から散々「痛みが引いてからが肝心」と警告されていたのですが、電車の乗り換えで不用意に階段を駆け上がり、同じ箇所をピキッとやってしまったりして、なかなか復帰できずにいます。

 接骨院の先生からは、「とにかく十分な休養と栄養補給を」と厳命されておりまして、今はひたすら「食っては寝て」のリハビリ生活を送っております。

リハビリその1:有楽町の添好運(Tim Ho Wan)。

 香港でミシュラン一つ星に輝く点心専門店。都心の一等地の豪華な店構えなのに、意外とリーズナブル。活気のあるオープンキッチンが魅力的でありました。こちらは起業して事業譲渡して大金をつかんで不動産投資してそれがさらに大化けして今は悠々自適の古い友人と。
 きっちり割り勘で、金持ちは金銭にシビアであります。

リハビリその2:南青山のテストキッチン エイチ

 骨董通りから一本裏に入った閑静な住宅街に建つ実験的イタリアン。
 大変な大箱がいつも満席なのは、山田宏巳氏率いる独創的なチームの実力ゆえ。

 こちらは本業で何から何までお世話になるメンターと。「ヤマグチ君は最近調子に乗りすぎだ。もっとシャンとしたまえ。仕事の本質は何であるかを常に考えなさい」と4時間半に渡ってセッキョ……もとい、ご指導いただきました。押忍。シャンとします。来月から。

リハビリその3:西荻窪のビストロ、サン・ル・スー

 我が国最高レベルのコスパである西荻窪の名店。何を食べてもお値段以上。おいしい。
 排煙設備が悪いため、コートを預けると思い切りスモークされて返ってくるのでご注意を。
 こちらは某証券会社の人気アナリストと情報交換を兼ねて。

 昨年に続き、今年も日産スタジアムのリレーマラソン(イイコトチャレンジ in 日産スタジアム)に「チームベストカー」として出場してまいりました。

私は肉離れのため走れなかったので、監督として参加したのですが、何もしないくせに選手用のオニギリを何個も食べて顰蹙を買ったりしました。オニギリおいしかったです。
急ごしらえのチームのわりに、ガチで速い選手ばかりが集まりました。お疲れさまでした。不肖フェル、ベストカー誌にもインタビュー記事を隔号連載しております。ぜひご一読を!

 そうそう。久しぶりに「チーム走りながら考える」で飲みました。この3人で飲む機会って、意外と少ないんですよ。ここで飲みながらダラダラ話していたクルマ談義があまりにも濃く面白かった。これを読者諸兄と共有しようじゃないかという話になりました。日経BP主催の講演会とはまた違う、クルマを肴にしたユルい飲み会です。ギャラリーは30人くらいが限界かな。
 題して「フェルディナイト」。詳細が決まったらお知らせします。

八重洲の地下街で一杯。フェルディナイトにも乞うご期待!

 さてさて、それでは本編へとまいりましょう。
 日産スカイラインの開発者インタビュー、最終回です。