こんにちは、AD高橋です。
 新年、おめでとうございます。どうぞ本年も「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」をよろしくお願い申し上げます。

 2019年12月20日(金)、秋葉原の富士ソフト アキバプラザにおいて、“藤原大明神”ことマツダ副社長・藤原清志氏とフェルディナント・ヤマグチ氏によるリアル降臨祭「企業経営の“決断”をライブで学ぶ」が開催されました。

 計180人の方にご参加いただいた本イベントは、藤原さんによる「企業経営の“決断”をライブで学ぶ」と、MAZDA3、CX-30のチーフエンジニアも参加する「新世代商品の開発秘話」の2部構成に。まずは大明神が登壇すると全員で手を合わせて拝むところからスタート(笑)。フェルさんが「今、マツダ車に乗っている人は?」「過去に乗っていた人は?」と聞くと、なんと半数以上、おそらく7割近い人が「マツダ車に乗ったことがある」と答えてくれました(フェルさんは9割と言ってましたが、やや盛りすぎかと)。熱いマツダファンの集結に、藤原さんも思わず笑みがこぼれます。

 実は講演が始まる直前の控室でマツダ側に「トーク中、触れちゃまずいことってありますか?」と確認したところ、広報の町田さんから「マツダのことではとくにありません。でも他社さんの話題は避けていただけるとありがたいです」と頼まれました。しかしスタートして5分もたたないうちに藤原さんが他社の小ネタを暴露(笑)。そんなサービスに、普段はふざけてばかりいるフェルさんが逆に慌てる事態に……。

 第1部では「広島に根差した自動車メーカーとしての在り方」「日本のものづくりを元気に!」「マツダブランドはどこを目指しているのか」「なぜ縦置き直列6気筒にチャレンジするのか」「100年に1度の変革にどう対応するのか」という5つのテーマが用意されました。会場からのリクエストで講演は縦置き直6エンジンの話題からスタート。これだけのマツダファンが集まっているのですから当然ですね。

 エンジンルームをコンパクトにできるのがFF(エンジン前置き、前輪駆動)のメリットだが、車体の大型化などにより、近年はFR(エンジン前置き、後輪駆動)とFFで居住スペースに大きな差がなくなってきたこと、4WDだとFFベースでも後輪をドライブシャフトで駆動させるので、ますます差がなくなること、などなど、マツダが打ち出した「エンジンの縦置き化」という将来戦略の背景に、来場者は真剣な表情で聞き入ります。メモを取る人も多数。なんとこのセッションで第1部の予定時間である90分の半分以上を使うほど話が盛り上がりました。

 後半はMAZDA3の開発責任者である別府耕太さん、CX-30の開発責任者である佐賀尚人さん(フェルさんに“九州コンビ”と命名されました)による「新世代商品の開発秘話」というプレゼンを行い、その流れで藤原さん、フェルさんも交えたトークセッションに。藤原さんから「この2人は本当によくやったと思いますよ」という言葉が出ると、開発責任者のお2人は「本当に、初めて褒めてもらえました」と思わず目頭を押さえるようなシーンも。

 会場からの質問コーナーでは経営やモデル戦略だけでなく「なぜマツダのスポーツモードは他のメーカーと同じように手前がシフトダウン、奥がシフトアップという構造にしなかったのか」「なぜマニュアルトランスミッションの試乗車を用意しないのか」というファンならではの質問も多数飛び出し、開発陣はたじたじに。それでも一つひとつの質問に丁寧に答えている姿が印象的でした。

 今回のイベントではマツダの計らいで、会場外にMAZDA3とCX-30を展示。イベントが終了した時間は車両がキレイにライトアップされていました。そこで藤原さんとフェルさんとの3ショット撮影を求めるファンが後を絶たず、藤原さんは「アイドルになった気分」と照れるほど。クルマの横には開発責任者から直にクルマの説明を受ける人も大勢いました。

 年末の忙しい時期だったにもかかわらず多くの熱心なファンに集まっていただき、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。イベント終了後の打ち上げではフェルさん、そしてマイトのY氏が「これからも読者があっと驚くようなイベントを打ち立てていこう!」と盛り上がっていました。

 みなさん、お楽しみに!

■変更履歴
記事掲載当初、2ページ目の2枚目の写真の解説で「インフィニティからニッサンのバッジに変更された」としていましたが、正しくは「ニッサンからインフィニティのバッジに変更された」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです [2020/01/07 11:00]

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

セミナー開催 フェルディナント・ヤマグチ流「部下育成」!

 本コラムの著者、フェルディナント・ヤマグチ氏が「日経ビジネス課長塾オンデマンド」主催のセミナーに登壇します。

 今回、課長塾オンデマンドではあえて、「企業人としてのヤマグチ氏として、登壇してください」とお願いしました。なぜならヤマグチ氏は、「コラムニストとの両立」という多忙な生活を、20年もの長きに渡り成立させてきた人だからです。本セミナーでは、そんなヤマグチ氏ならではの(仕事についての)方法論に迫ります。

 とはいえ講演時間は、わずか1時間。そこで今回は、「部下育成」にテーマを絞って話していただきます。部下やチームのマネジメントにお悩みの方は、ぜひご参加ください!






>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。