全8439文字

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 光陰矢の如しと申しましょうか、早いもので今年も10月になりました。
 消費税も無事10%に上がり、コンビニのレジで「持ち帰ります」と高らかに宣言して購入された肉まんを、迷うことなくイートイン席に直行して召し上がるご婦人の姿を見るにつけ、私も強く生きていかなければ……と思いを新たにする仲秋の候でございます。

 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 このたび日本ボート・オブ・ザ・イヤー実行委員会より、選考委員に選んでいただきました(こちら)。マリンファンの拡大に、粉骨砕身努力する所存であります。まだボートの免許しかありませんからね。PWCの免許も早々に取りに行かなければ。

 先週開催した講演会「ホンダF1開発陣に学ぶ『折れないチーム』のつくり方」は大盛況の内に閉会いたしました。

浅木泰昭・ホンダF1HRDSakuraセンター長/ホンダF1PU開発責任者(写真中央)、山本雅史・ホンダF1マネージングディレクター(右)をお迎えしました。

 200席のお申込みをいただいていたのですが、何と12名の方がお申し込みをされたまま(つまり参加費を払ったまま)ご来場いただけませんでした。急なお仕事でも入ったのでしょうか。
 非常に心苦しい思いです。

 ともあれ、ご参加いただいたみなさまにはお楽しみいただけましたでしょうか?
 会場には「免許取得以来ホンダ車以外には乗ったことがない」という熱いホンダファンもいれば、ホンダ車には乗ったことがないという方もいた。10代のF1ファンという将来有望な青年もいたりして、なんともカオスなお客様層でございました。
 調子に乗って大阪での開催を目論んでいるところなのですが、果たして関西圏にディマンドがあるのかどうか。「ぜひ大阪で開催を!」という方はコメント欄にご記入ください。

 10月ですからね。そろそろ来年の仕込みをしなければいけません。

 年初は恒例のマツダ神社藤原大明神新春降臨祭を……と目論み、広島へ出張り藤原神社に参拝してきました。最近のマツダはどうも勢いに欠ける感じがする。鳴り物入りで出た「マツダ3」は「高過ぎる」と批判され、日経にはこんな記事を書かれ、いったいどうなっているのでしょう。

 「どうなっているのでしょう」とそのまま伺ったところ、誠に明快なお答えをいただきました。

 正月を待たず、インタビューの時間を頂戴して読者諸兄にも早くお知らせしたほうがいいかもしれません。マイトのYさん、アポ取りをお願いします。

マツダの藤原清志副社長と土井歩広報本部長。土井さんにはデミオのチーフエンジニア時代に大変お世話になりました。

 「 Numero TOKYO 」という雑誌をご存じでしょうか。

 いわゆる「モード誌」と呼ばれるもので、業界でも先端を走るシャレオツ系の方々が購読されるメディアなのですが、どうしたことかその有り難いNumero TOKYO様よりお声がかかり、食に関する記事を寄稿することとなりました。書店で見かけたらお手に取ってご覧ください。

表2からDior、CHANEL、BOTTEGA VENETAと続き、表4にはGUCCIの広告が入っています。赤文字系雑誌ですら衰退する昨今、こんなに景気よく広告が入る雑誌も珍しい。私の記事は52~53ページに掲載されています。

 俳優の大鶴義丹氏と飲みました。バイク乗りの彼からは以前より「バイクに乗りましょう。僕がイチから教えてあげますよ」とお誘いを受けているのですが、私がウジウジ決めかねていて、なかなか実現に至りません。「大鶴義丹のオフロード講座」なんて面白そうですが、何しろ私は自転車でコケて骨折するような人間ですからね。バイクでコケたら本当に死んでしまいます。とりあえず免許くらいは取っておきましょうか。

 二子玉川で開催されたクラシックポルシェのオークションを見学してきました。

 6台が出品され、そのうち入札されたのは2台のみ。4台は誰も札を上げることなく流れてしまいました。最低落札価格の設定が高過ぎたのでしょうか……。

深紅の1963年式356C SCが1400万スタートで応札ゼロ。勢いで空冷を買う時代は終わり、皆さん冷静になりました。

 トヨタ広報とGR(GAZOO Racing Company)広報がダブルで立ち会う厳戒態勢のもと収録された動画が公開されました(こちら)。

 後からトヨタの別の方に聞いたら、「フェルさん+多田(哲哉・トヨタ自動車 GR開発統括部チーフエンジニア)じゃ、そりゃウチだって警戒しますわ(笑)」とのこと。二人でクルマに乗ってビデオを回すことは、最後まで「それはちょっと……」と抵抗しておられました。

問題の動画がいよいよ公開。多田さん(写真中央)のハジケっぷりをとくとご覧ください。

 それでは本編へとまいりましょう。
 ホンダのスズキさん奮闘記、第3弾です。

 ここまで続くとは鈴木氏当人も分かっておらず、連日のように「いつまで続くんですか……」と泣きのメールが飛んできます。まだ続くんですよねこれが(笑)。