全7555文字

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今日も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

「日経ビジネス」9月23日号「往復書簡」の左側に掲載中です。

 10月2日のビジネスセミナー、大方の予想を裏切り販売絶好調であります。日経ビジネス最新号にも告知が掲載され(マスク姿はエスタブリッシュな誌面に相応しくないとのことで、私の写真だけ削除されております)、残席も僅かとなりました。前号で盛り上がった、トスト氏との秘密会議にも切り込みます。さあ、お申し込みはいますぐこちらから!

 連載をしている「ベストカー」の新任編集長と飲みに行きました。

新編集長の飯干俊作さん(中)と担当編集者の渡邊龍生氏(右)と。遅くまで飲みました。

 飯干さんと聞いてピンと来る方は相当な映画通。編集長のお父様は、誰あろう「仁義なき戦い」の原作者、飯干晃一さんなのであります。いやはや感激いたしました。セリフを諳んじられるくらいに繰り返し観た大ファンですからね。ベストカーでは現在インタビュー記事を中心に書いているのですが、さらに違う分野へも切り込んでいこうと模索中であります。

 週末は新潟県は村上市で開催された「村上・笹川流れ国際トライアスロン大会」に出場してまいりました。出場……と言いましても、足の骨折が完治しないため、今回もスイムだけの途中棄権です。

TRICERATOPSの面々とスタート前に。

 レースがエキサイティングであるのはもちろんですが、レース後に過ごす気のおけない仲間とのひと時がまた楽しい。堀江貴文氏も週プレでこのように語っておられます(こちら)。

レース後の一杯もまた楽しからずや。奥の席にいたいい歳をしたオッサンが、コソコソと堀江氏を隠し撮りされていました。有名人って大変だなぁ……。

 レース翌日、新幹線へ乗ろうと新潟駅に向かったら駅前が大変なことになっている。なんでも陛下の行幸があるのだとか。

県警のSPがズラッと並んでいます。線が細くスーツも決まらず、あまり鍛えている風に見えない方も多いのですが、イザという時は強いのでしょうか。

 月曜は東京に戻り、WAGYUMAFIAのポップアップイベントに参加してまいりました。

 「世界一予約の取れないレストラン」として有名だったエル・ブジで、兄のフェラン・アドリア氏と共に名を馳せた飲食界の至宝、アルベル・アドリア氏。彼が腕を振るう二晩限りの夢の饗宴であります。

アルベル・アドリア氏、仕掛け人の浜田寿人氏と共に。え? 何かヘンですか?

 繊細かつダイナミックな料理の1つひとつが宝石のようでありました。
 供される皿ごとに、「こんな組み合わせがあるんだ」と驚かされました。
 日本に居ながらにして、世界最先端の料理が楽しめるのですから素晴らしい。
 楽しませていただきました。ハマちゃん。ありがとう。

この真剣な眼差しを見よ。世界のトップを走るシェフの料理を目の前で見られるのですから、これ以上のプレゼンテーションはありますまい。

 ということで本編へとまいりましょう。
 ホンダF1の話が続きます。

 今回お送りするのはエンジニアでもメカニックでもない、文字通り「縁の下の力持ち」である、ホンダのスズキさんのお話です。