全9004文字

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 と、その前にちょっと宣伝を。

 先週号でマイトのY氏がお知らせした通り、10月2日(水)にホンダF1のパワーユニット(PU)開発責任者である浅木泰昭さん、おなじみホンダ F1マネージングディレクターの山本雅史さんをお招きして、ビジネスセミナー「ホンダF1エンジン開発陣に学ぶ 『折れないチーム』のつくり方」を開催します。

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」特別企画

ホンダF1エンジン開発陣に学ぶ
「折れないチーム」のつくり方

 ご愛読の皆様、お待たせいたしました。日経ビジネス電子版がお送りするフェルさんの読者イベント特別企画、ようやく公開の運びとなりました。

 昨年来、ホンダF1の現場に密着してきたフェルさんが連載でご紹介してきたチームの苦闘と栄光、そのキーマンである、ホンダ F1マネージングディレクター 山本雅史氏と、ホンダ F1 HRD Sakuraセンター長 / ホンダF1 PU 開発責任者 浅木泰昭氏のお二人をゲストにお迎えし、講演、トーク、質疑応答を通して、逆風に折れず勝利を達成する「折れないチーム」の作り方、マネジメントの体験談をたっぷり語っていただきます。

 誰に対しても遠慮しないフェル氏のインタビューが、ホンダのお二人からどんな話を引き出すか。アシスタントで同席する私、編集Yもハラハラしております、が、当日は撮影・録音不可です。同席していただく読者の皆様と「ここだけの話」を存分に学び、楽しみましょう。ご参加をお待ちしております。(編集Y)

開催日:2019年10月2日(水曜日)

時間:13:30~17:30 ※開場13:00予定

場所:東京・大崎ブライトコアホール

●参加のお申し込みとセミナーの詳細はこちら

 こちらからの質問に対して、お立場を顧みず常に期待以上のお答えをスパスパと気持ちよく返してくださるお2人のこと、どんな展開になるのか予想も付きません。

 台本なんてあってないようなものですしね。録音録画絶対不可の解放区で、ホンダ広報慄然の危険極まりないダイナマイト講演会。ご期待ください。

 ご自身のお仕事に行き詰まりを感じておられる方、壁を突破されたい方。
 2015年のF1復帰以来、「やっぱり勝てない」と言われ続けて艱難辛苦、ついに勝利をもぎ取ったホンダF1エンジン開発陣から、折れないチームをどうやって構築するのか、学ぶチャンスです。
 ぜひお越しください!

 スイスはローザンヌで開催されたITU世界トライアスロン選手権を終え、今週は遅めの夏休みをいただいております。

 ローザンヌからミラノまで鉄道で移動してオリンピアン宮澤崇史選手と合流し、こちらで一緒に食い倒れ旅行をしようという算段です。

ヨーロッパの鉄道はいいですね。新幹線のような速さはありませんが、なんとも言えぬ風情がある。「旅情」という言葉がピッタリです。

 現役時代にはイタリアをベースに活動する時期が長かった宮澤選手。イタリア語は当地の女性を簡単に口説き落とせるほど堪能であるうえに、食とワインに関する造詣も深い。これほど頼りになる旅の相棒もおりますまい。

ブラっと立ち寄ったエノテカでスプマンテを飲んでいたら、店の親父さんが「近くの山でポルチーニを採ってきたんだけど食べるかい?」と。

 5分前に採ったばかりという新鮮なポルチーニ茸。軽く炙って塩を振って……と思ったら、「そんなのもったいない!」笑われてしまいました。採れたては生食に限るのだそうです。

塩と黒コショウをパラッと振って、オリーブオイルをひと垂らし。これだけで極上のアテができてしまいます。野趣あふれる生ポルチーニのスライス。ああ天国の美味。

 宿泊先はAirbnb(エアビーアンドビー)で予約したブドウ畑の真ん中にポツンと建つ一軒家。一見するとカントリースタイルの作りですが、地階には温水プールがあり、キッチンやバスルームは最新の設備が整っています。開け放した窓から眺めるブドウ畑は絵画のように美しく、日の当たり具合により刻々と色を変え、何時間見ていても飽きないのでありました。

こんな素晴らしい家が格安で借りられてしまうのですから、エアビーってすごいです。

 この家の裏に住むオーナーさんは、トリュフ加工工場を持つ会社を経営していて、広大なトリュフ狩り場の権利も保有されています。宮澤選手とは旧知で、鍵を受け取りに行ったら「明日はトリュフ狩りに行くけど、よかったら一緒に行くかい?」と誠にありがたいお誘いをいただきました。憧れのトリュフ狩り! ぜひとも!

 最近のトリュフ狩りは豚ではなく特別に訓練された犬を使います。案内してくださったトリュフハンター氏はこの道40年の大ベテラン。「長年やっていれば、犬がいなくたって地面の色と土の匂いで分かるんだけどね」と笑っていました。

ここ掘れわんわんと犬が見つけて掘り出すと、口に手を突っ込んでいささか強引に奪い取ります。ブタちゃんは意地汚く食べてしまうので、歩留まりが悪くなるのだそうです。
こちらが掘り当てたトリュフ。掘り出した直後は本当に強烈な香りがします。
この大量のトリュフを見よ。麻薬じゃありませんが、末端価格はいったいいくらになるのでしょう。

 狩りを終えて加工工場に行くと、そこには大量のトリュフが待っていました。「オイルに加工する前の物だけど、よかったらお分けしますよ」と。値段を聞くと日本で売られている価格の4分の1程度。こりゃひと儲けできるかも……とヨコシマな思いが一瞬脳裏をよぎりましたが、慣れないことをしてもロクなことになりません。トリュフオイルだけ買って帰りました。

 バローロで最高にイケているバーを経営する日本人の青年と知り合いになりました。近所の一つ星の店で長くソムリエの修業を積み、満を持してこの地に店をオープンさせたのです。

 周囲の景観にしっとり溶け込んだ素敵な店は、地元の人で遅くまで賑わっていました。
 最近の若い衆は酒を飲まない旅行に行かないクルマも買わない海外にも出ない……なんて嘆き節をよく耳にしますが、こうして地元に溶け込んで孤軍奮闘している頼もしい若い人だっているのです。彼の名前は佐藤宏紀くん。来年3月に日本に来て「特別興行」を打つそうです。近くなったらこちらでお知らせしましょう。

おいしかった。3月にまた!

 さてさて、前置きが長くなりましたが、ぼちぼち本編へとまいりましょう。
 宮澤崇史選手と別れた後は、モンツァに移動してF1を観戦して来ました。

 今回は本場イタリアのサーキットで、レッドブルのジュニアチームであるトロロッソ代表のフランツ・トスト氏にお話を伺うことができました。