全7852文字

F:学校の先生が楠見社長に手紙を……いいお話です。身近で事故があったのかもしれませんね。

:そうかもしれません。そのお手紙にはさらに「こうしたらもっと良くなりますよ」というご提案もあって。こうしたお客様に支えられて、ウチの製品は進化しているんです。

F:ハイテク一辺倒じゃなく、ロイヤルティーの高いお客さんと一緒に構築していくソフト面、というのは良いですね。

:ですからストラーダは、リピーター比率がとても高いんですよ。ストラーダをご利用いただいているお客様は、次もストラーダを選んでいただけます。そこはパソコンと似ていますね。パソコンも同じ機種を買い続ける方が多いじゃないですか。

F:え、私は毎回バラバラですけど。ちょうど先月ノートパソコンを買い替えたのですが、それはLGのgramっていう軽量17インチ。その前がDELLで、その前はレッツノート。VAIOもあったしIBMもあったなぁ。毎回バラバラです。

マイトのY:なんかフェルさんの人生そのものですね。深く考えずに行き当たりばったりというか……。

F:な……。

:同じ機種を買い続けるお客様には、操作性がなるべく一緒であってほしいというご期待もあると思います。新しいものを買って、またイチから操作を覚えるのは……という。

「え、私のナビでそんなことができるの?」

F:操作に関して、最近のトレンドのようなものはありますか?

:1つは音声入力ですね。スマートフォンと連携する必要がありますが。行き先を音声で入力できる。そして最近のはやりは「NaviCon」というスマホの機能です。これはあらかじめスマートフォンで行きたいところを検索しておいて、クルマに乗ったらピッとナビに飛ばして案内スタートという。私自身もこれを使っています。メチャ便利です。

F:私のナビでもできるんですか?

:もちろんできます。デンソーさんが出しているアプリなんですが、これが一番使い勝手がいいと思います。

F:知らなかった。これはすぐにスマホにインストールですね。あ、そうそう。そう言えば読者の方から「パナに行くなら聞いておいてくれ」と質問がありました。最後にそれを聞かせてください。最近のナビはリモコンがなくてケシカラン。だいいち運転中に画面まで手を伸ばさせるのは危険じゃないか、と。この質問には何とお答えになりますか。

:ご指摘をありがとうございます。1つはコストの問題です。操作をリモコンにすると、どうしてもその分コストがかかります。ステアリングスイッチを装備したクルマが増えたのも理由の1つです。我々の製品は、ステアリングスイッチと連携できるようになっていますので、かなりの操作が行えます。

F:「危険じゃないか」という指摘については、何とお答えになりますか?

:どういう用途でお使いになるかにもよるのですが、基本的に「運転中は操作しないでください」と申し上げます。目的地を検索するときもそうですよね。もともとリモコンでも、運転中の操作はできなかったはずですから。オーディオのボリュームアップ、ダウンなどの操作をリモコンで、というお話だと思うのですが、その場合は「CarAV remote」という当社スマホアプリがあり、スマートフォンにダウンロードすることにより、スマートフォンをAV機能のリモコンとして活用できます。

F:まさか質問してきた人、ジャンプキットを付けて運転中も目的地検索をしていたのでは……。そっちの方がよっぽど危険ですぜ、と。ま、それは正論に過ぎますか(笑)。

マイトのY:正しいけれど、フェルさんらしくはないですな(笑)。

F:最後に1つ。元スマホの企画担当者として、スマホとナビの関係についてどう思われますか? ナビはスマホ時代にも生き抜けるのでしょうか。

:スマホに対抗するというよりは、いいところはスマホの力を借りて、スマホでできないところはナビで補えばいいと思っています。例えばグーグルマップは、大勢のユーザーの位置情報を吸い上げてデータ化しているので正直、「渋滞の有無」に関しては、スマホの方にアドバンテージがあると思います。ただし、その渋滞の原因は何か、といった公が提供する交通情報に関しては、ナビに強みがある。

 ナビは、熱暴走が起きにくいとか、画面が大きいとか、AV機能が充実しているとか、先程申し上げた速度の警告を出すとか、専用機ならではの機能がたくさんあります。併用ももちろん可能ですから、ユーザーの方には両方の「いいとこ取り」をしていただければいいな、と思っています。

F:なるほど。大変勉強になりました。今日はありがとうございました。

:ありがとうございました。

 いや、カーナビ深いです。
 いろいろなご意見がありましょうが、私は付けてよかったと思っています。

 しかし実際に自分のクルマに取り付けた用品のインタビューは面白いですね。
 この調子でホイールやタイヤも行っちゃいましょうか。
 でもそうなると試乗がどんどん遠のいてしまう……。
 レースも気になるし……ああ悩み多き57の夏。

 それではみなさままた来週。