全7852文字

 前回ではカーナビの“周辺事情”についてお話を伺った。

 それでは実際にカーナビはどのようにして開発されているのか。顧客の声は実際に開発者に届いているのか。今回はそのあたりを掘り下げて聞いてみよう。

 お話を伺うのは、前回の川原正明さんに代わり、パナソニック株式会社オートモーティブ社で商品企画を担当される、インフォテインメントシステムズ事業部 市販・用品ビジネスユニット 市販事業推進部 商品企画課 主務の久米俊裕さんである。

パナソニック株式会社オートモーティブ社 インフォテインメントシステムズ事業部 市販・用品ビジネスユニット 市販事業推進部 商品企画課 主務の久米俊裕さん。

F:カーナビ市場の現状や歴史など、非常に興味深いお話を伺いました。それではここで具体的な商品開発に関してお話を伺いたいと思います。

久米さん(以下、久):ここで川原からバトンタッチして、私がお答えいたします。

F:久米さん。よろしくお願いします。久米さんのご担当は商品企画ですね。ナビの企画というと非常にマニアックというか、特殊な仕事に見えますが、長くパナソニックでナビ畑を歩んでいらしたのですか?

:私は中途入社組です。前職で担当していましたのは、スマートフォンの商品企画です。

F:スマホの商品企画、すると久米さんはエンジニアなのですか?

:学校は理系の大学を出ていますが、実際に図面を引いたりするエンジニアではありません。商品のコンセプトを考える仕事をやりたかったので。

でかいナビ エアコンボタン 触れない

F:なるほど。それではこのストラーダの基本的なコンセプトを教えてください。私はそちらにいる山下さんのお店で「ナビならパナが良いんじゃないですかぁ」とザックリ勧められて、実際のところロクに比較検討もしないで取り付けたのですが、普通は他社製品とジックリ比べてから買いますよね。この製品の長所はどこにあるのでしょう。

:「みなさんのクルマに大画面を」というのが一番の特徴です。ご存じの通り、ナビは大画面化が進んでいます。でも(クルマのAV機器取り付けサイズである)DINサイズの横幅に収まる画面の大きさは、普通だと7インチなんですね。昔の既販車向けは、大抵がこの7インチサイズです。

 一方で最近の新しいクルマは大画面に対応すべく、開口部がどんどん広がっています。10インチが付くモデルも増えてきています。それじゃ既販車でずっと何年も乗っていらしたお客様が新しくナビを付け替えようとなった時にどうすればいいか。やっぱりご自身のクルマにも「大画面を付けたいな」と思うじゃないですか。で、実際お店に行ってみると、「自分のクルマには7インチまでしか入らない」と初めて気付くわけです。

F:新しく付け替えたいのに大画面のナビが入らない。大画面ナビはDIN規格に収まらない。

:はい。そのままだと収まらない。そこを解決したのがこのモデルになります。我々はフローティング構造と呼んでいるのですが、躯体を飛び出させることによって、旧来のDIN規格の穴でも9インチの大画面が収まるようになっています。

F:後付けのDIN規格適合カーナビだと、この製品が日本最大の画面なのですか?

:いえ。11インチですね。アルパインさんの11インチが最大だと思います。

F:ええ! 11インチ! ストラーダよりもっと大きな画面があるんですか? それならそっちの方が良かったじゃないですか、山下さん。

マニアックススタジアム山下:いえいえ。フェルさんのクルマにあれを付けたら、画面がデカ過ぎてエアコンが操作できなくなっちゃいますから(笑)。僕だってそこはちゃんと考えてオススメしたんですよ。

F:あー。