全6408文字

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 3連休は沖縄で過ごしておりました。

 満を持して、と言うべきでしょうか。すでに沖縄以外のすべての都道府県に出店していたコンビニのセブンイレブンが、ついに沖縄上陸を果たしました(沖縄県内の展開は「セブン‐イレブン・沖縄」が行う)。店名に合わせて、7月11日の友引にオープンとは気が利いています。“とりあえず”は14店と緩やかなスタートですが、今後5年で約250店舗の出店を目指すそうです。迎え撃つファミリーマートは現在325店舗を、またローソンも233店舗を出店済みでありまして、まさに沖縄コンビニ戦国時代の幕開けです。

 市内のポストには割引クーポンの付いたチラシが大量投函され、店頭でも閉店間際のスーパーのように割引シールがペタペタ貼られ、消費者としては歓迎すべき事態となっております。

遅くまでにぎわっている沖縄のセブンイレブン。ライバル店の視察とおぼしき方々の姿が多数確認されました。それにしてもサントリーの黒烏龍茶を置いていないのはどうしてなのでしょう。

 友人の後藤伸介くんがマーケティングを行っているFC琉球の試合を観戦してまいりました。

マーケティング担当の後藤伸介くん、この4月からFC琉球を運営する琉球フットボールクラブの代表取締役社長に就任された三上昴氏と。後藤くんはスノーボードの世界から、また三上氏は金融業界からサッカーの世界に転じた共に変わり種です。

 意外、と言っては失礼ですが、沖縄のサッカーは大変な盛り上がりでして、チケットの売り上げも上々のご様子。観戦に行った当日は、残念ながら負けてしまいましたが、確実に上を狙える実力が備わったチームです。沖縄でサッカーの試合を見たのは初めてですが、海風が吹くタピック県総ひやごんスタジアム(タピスタ)のナイトゲームは涼しく快適なものでした。

サッカー観戦は楽しい。かわいい女の子と一緒だともっと楽しい

 久しぶりにゴルフなんぞもしてみました。クラブを握るのは実に1年ぶりのこと。もともとヘボな上に首の骨が折れて2カ月ですから、うまくいくはずがありません。

スキーで重傷を負った三戸政和選手(右)。驚異の回復力でクラブを振り回しておられました。著作『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』もよろしく。

 ゴルフの帰りに、美らSUNビーチで開催されている「CORONA SUNSETS FESTIVAL 2019」に顔を出してきました。同級生で元大ワルの佐野裕くんがこのイベントを仕掛ているのです。

今年で5回目となるこのビーチフェスティバル。2日間でなんと延べ1万9000人もの来場者があるのだそうです。うーん、もう少し早い時間にくればよかった。右がこのフェスの仕掛け人である同級生の佐野裕くん

 そうそう。大ワルといえば、那覇市内でこんな光景を目にしました。
 パトカーが何台も集まり、警官がカチャカチャと物々しい音を響かせながら走っていく。

 何事かと見てみると白昼の大捕物。夜の繁華街ではまれに物騒な光景を目にすることもあるのですが、白昼の住宅街でこの騒ぎとは……。薬物か何かでしょうか。

住宅街で白昼の大捕物。物騒ですなぁ。

 で、夜は飲めや歌えの大騒ぎ。遅くまで盛り上がりました。沖縄サイコー!

楽しゅうございました。店内撮影禁止の某店下にて。

 ということで、本編へとまいりましょう。
 超大物の登場です。