全7070文字

やっぱり100万キロは乗らないとね

F:昨今はジョブローテーションと称して職域を超えて配置転換をするのが流行りのようですが。そうして視野の広いジェネラリストを育成すると。

:あれはあれで役立つ面、いい面もあるんでしょうけれど、その分野での完全な専門家を育成していく必要があると思いますね。本当に極めたいなら、やっぱりその道で50年ぐらいやらないと。

「SUBARU ナンバーワーン!」海外におけるSUBARU人気はすごい。いやあの、それはいいんですが場所を考えましょうよ場所を……。

F:50年。死んじゃいますよ。

:うん。50年もやったら死んじゃうんだけど、それくらいやらないと、その分野の本当の世界って見えてこないと思いますよ。そう言えば昔シート屋の大ベテランの職人さんと話していてね、その人が、「辰己さん、やっぱりクルマは100万キロ走らないと分からないでしょうね」と言うんです。

F:ひゃ、100万キロ!

:そう。100万キロ。そう言われて、すごく納得できたんです。100万キロも走ると、とにかくクルマの中からクルマを考えるようになると。そうすると何かが見えてくる。私も会社の若い連中に同じことを言うようになりました。本気でクルマを開発しようとするならば、100万キロぐらいは走ろうよと。

F:辰己さんは100万キロドライブを達成されたのですか。

:私はもう、とうの昔に達成しています。100万キロ走って50歳ぐらいになると、嫌でもクルマってもっとこうなんじゃないか、こうあるべきじゃないかという自分なりの思いができてくるんですよ。クルマの中からお爺さんを見たり、自転車を見たり、歩行者を見たりしていると、この人たちをもうちょっといたわって運転しようよと。若い奴があんなに速い、高性能なクルマに乗って、高齢者マークを付けたクルマを邪魔者扱いして乱暴に追い越す必要があるのか……というのが、街中でね。何でそんなに冷たくなっちゃったの。何でそんなに急いでいるの、というのがありますね。

F:それはクルマの運転だけではありませんね。電車の中や駅のホームでも一緒です。

:そりゃ年寄りは生産性が低くて、これから生み出すものが少ないだろうというのは分かりますよ。だけど、これまでの日本をつくってきた人じゃないの。少しはいたわってあげてもいいんじゃないの。どうせもうすぐ死ぬんだからさ、と(笑)。

F:ひでえ(笑)。

:しかし本当にこんな話でいいのかい。記事になんかならないでしょう。どこへ書くのこれ。え? 日経ビジネス電子版? へぇ。随分とまた、懐の深い会社だね(笑)。

 ということで、SUBARU/STIチームの辰己総監督インタビュー。お楽しみいただけましたでしょうか?
 教育問題から高齢者問題まで、自由奔放縦横無尽にお話しいただきました。
 こうした柔軟な発想が、SUBARUのクルマ造りに生かされているのかな......などと非常に苦しいまとめ方で終わらせていただきます。
 まだまだネタはたくさん残っています。うー試乗ができない......。