全8127文字

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 のっけからあまり明るくない話で恐縮なのですが、今シーズン最後の山形県は月山でのスキーで転倒して、重傷を負ってしまいました。正式な怪我の名称は「第七頚椎棘突起骨折」というもので、一般的にいうと「首の骨を折る大怪我」というヤツです。

シーズン最後にやってしまいました。矢印の部分がポッキリいっております。

 一歩間違えば四肢麻痺が残る可能性もある危険な箇所。転倒した直後はアドレナリンも出ていますからそれほど強い痛みは感じられません。しかし背中と手足になんとも形容し難いイヤな痺れが走っている。直感的に「これはヤバい」と思いました。雪の上でしばらく横になり様子をみましたが、イヤな感じは抜けるどころかますます増していく。

 転倒した場所は月山ペアリフト上駅からさらに上がったロープトゥーの横ですから、パトロールの救助を待つには条件が悪すぎます。文字通り這々の体で自力でリフト上駅まで下り、リフトに乗って下山、救急車で大きな病院に搬送されました。大勢のスタッフに囲まれ身ぐるみ剥がされてCTとMRIを撮ると、「ああ、頚椎がいってますね。脊髄損傷の疑いもある」と。

ガチガチに首を固定されて救急搬送。生まれて初めて患者として救急車に乗りました。思ったよりもガタガタ揺れるんですな。こういうことは怪我をしてみないと分かりません。

 頚椎骨折……脊髄損傷……さすがに舌が震えました。すぐさま入院手続きが取られ、病室に運ばれる。そしてはいオシッコはこれで、と尿瓶が手渡される。小便くらい自力で行けますと言うと、「絶対安静です。ベッドも起こしていいのは50度まで」とにべもない。

そのまま入院となりました。イテテ。首が痛い……。尿瓶というものを初めて使いましたが、なかなか便利です。家でも使おうと思います。

 ドクターは最低1週間の入院が必要と言う。月曜日はどうしても外せない仕事があるので、日曜のうちには帰京しなければなりません。しかし「仕事と命とどちらが大事なんですか?」と言われると返す言葉もない。

 一夜明けて土曜日。退院するとゴネると偉い先生も出てきて30分ほど押し問答が続きました。最終的には(飛行機ではなく必ず新幹線を利用するという条件付きで)日曜日の強行退院と相成りました。

 ソロソロと新幹線で東京に帰り、日曜は自宅でおとなしく静養。月曜日は三軒茶屋のいとう整形外科へ行きました。ここはかかりつけで、私の怪我履歴を親子で把握している伊藤先生がいる。

相変わらず黒いね君ぁ。とても怪我した人にゃ見えないよ。と伊藤先生。

 この日はお父様先生に診ていただいたのですが、おっしゃることが救急搬送された病院と180度違う。あちらでは1週間の入院。その間は絶対安静。歩行禁止にパソコン禁止。運動はそう、2カ月後からゆっくりと、なんたってあなた重傷なんですよ重傷。頚椎の怪我を甘く見てはいけません。これから障害が出る可能性もあるんですから! とさんざん脅されたものですが、伊藤先生ときたら、筋力が落ちると良くないのでどんどん歩きなさい、背中に負担のかからない腿上げとか軽いスクワットはむしろ推奨。パソコンなんて君の商売道具でしょう。姿勢を良くして打つならOK、とOKOKの大盤振る舞い。「その大袈裟なカラーも外していいよ。暑いでしょう」と。

 患者のメンタルはドクターの一言で大きく変わるものです。いとう整形外科を出た後は心がフワフワと軽くなり、痛みが5分の1くらいに軽減したものでした。「病は気から」と言いますが、「怪我も気から」であることを実感いたしました。

 とまれ、「首の骨が折れる大怪我」を負ったことは厳然たる事実です。
 しばらくは飲酒を控え、おとなしくしようと思います。

 そうそう。最近Google Mapの精度が落ちていると思いませんか? ゼンリンとの契約が切れたとかで、クルマが通れないような細い道が出てきたり、同じところを何度もグルグル回らされたりひどいものです。タダのサービスに文句を言っても仕方がありませんから、これを機にフェル号のナビを新調いたしました。クルマのかかりつけ医であるmaniacs STADIUMの山下さんに相談したところ、「今ならストラーダですかねー」ということで、言われるままにパナソニックのストラーダを装着いたしました。

 最近のナビはVICSなんぞは頼りにせず(山下さん曰く「あれは消えゆく技術」なのだそうです)、新世代のETCと連動してさまざまな情報を収集しているそうなのです。ナビなんぞ無料の地図アプリに押し切られて、近々絶滅するものかと思っていましたが、どうしてどうして。知らぬ間に着々と性能を上げ続けているようです。ナビの開発者の話も面白そう。パナさん、取材チャンスはありますでしょうか?

ストラーダに新調されたフェル号のナビとmaniacs STADIUMの山下さん。画面が非常に美しい。

 ということでボチボチ本編へとまいりましょう。
 F1モナコGP、ル・マン24時間、インディ500の世界3大レースに出場した唯一の日本人。中野信治さんインタビュー続編です。