全6708文字

広報松本:ちょ、ちょっとフェルさん。誘導尋問ですよそれ。「すり抜けて」という言い方はやめてください。人聞きの悪い。我々はルールを尊重し、レギュレーションの範囲内で、最大限の努力をしてですね……。

F:はーい。

:去年から今年のレギュレーション変更でも、本当はかなり落ちるはずだったんですが、実際は速くなっていますからね。

F:昔のF1と今のF1。何が一番違うのですか。

:一番の変化は、クルマに搭載されているセンサーじゃないですかね。センサーの数がものすごく増えています。ライドハイトとかタイヤの温度とか。ダウンフォースが何ニュートンとかも、リアルタイムで見ています。僕らもこっちで見ているし、ドライバーのディスプレイ上にももちろん表示されていて。

F:ドライバーは走りながらタイヤの温度まで見るのですか。それは大切なことなのですか。一応の参考値という程度ですか。

:いやいや。タイヤ温度はすごく大切です。特に予選でいうと“一発命”なので。
ガレージを出ていって、1周アタックして、バッテリーを充電してもう1回走ったりするのですが、この間のラップでタイヤ温度を冷やすためにゆっくり走って、ドライバーはターゲット温度を見て……みたいなことをやっています。

F:そんなことまで……。

:昔はそういうインフォメーションがありませんでした。温まったとか冷えたとか、全部ドライバーのフィーリングでやっていたんです。

広報松本:そろそろ時間です。湊谷さんも現場に戻らないと。あと5分でお願いします。

こんなに楽しい仕事はない!

F:それじゃ最後に1つだけ。どうですか、今のお仕事は。

:楽しいです。こんなに楽しい仕事ないです。

F:楽しい?

:楽しい。最高です。

F:就職のときにホンダしか受けなかったと伺いましたが、ホンダに入って良かったと思いますか。

:ホンダに入れて良かった。F1をやれて良かったです。本当にありがたく思っています。この機会を与えていただいたことに感謝しています。

F:湊谷さん、いまお幾つでしたっけ?

:僕は34歳です。

F:サラリーマンをやっていると、将来への不安だったり、会社への不満だったり、いろいろと悩むお年ごろじゃないですか。そんな中で胸を張って「仕事が楽しい」とハッキリ言える人は少数派だと思うのですが。むしろ「何だよチクショー」……とくすぶっている人も多いですよね。

:うーん。これは記事にしにくいことかもしれませんが……僕の場合はラッキーが重なった部分も多いので。そもそも僕がいくらF1をやりたいと言っていたって、会社がF1から撤退してしまったら、それきりなわけですし。