全6276文字

F:実際にF1の仕事に関わりだしたのはいつですか。

:2013年の4月です。6年前です。

F:具体的にどのような仕事をされているのですか。パワーユニットを見ているとうかがいましたが。

:はい、パワーユニットです。ホンダの役割は大きく分けて2つになります。1つはPUの信頼性。もう1つがパフォーマンス。PUの性能面です。

F:ホンダの仕事はあくまでもPUだけ、ということですか。クルマ全体のことは見なくてもいい?

:「PU供給」という意味ではそうなのですが、当然クルマ全体にも関わってくるので、必要に応じて、「PUとしては多少性能を落としたとしても、クルマが速くなるんだったら落としたほうがいいよねと」いう話はあります。

F:へぇ。性能を落としたほうが結果として速くなることなんてあるんですか。

:今のは極端な話です。普通はないのですが、時として、ということです。

ホンダ広報大いに焦る

F:PUの構成を教えてください。1600ccのエンジンがあって、同軸線上にターボがあって発電機がある。

:はい。ここにエンジンがあるとすると、この先にターボがあって、それからここに……。

広報松本(以下松):ちょちょちょー! レイアウトに関してはお話できません。湊谷さん、ここは話しちゃダメよ。

:え、あ。そうなんですか。

:どこのメーカーも、位置までは話していないので。

F:同軸線上にあるというのはいいですよね?

:はい。同軸線上にあります。それはレギュレーションがそうなっているので。

F:長い軸がどーんとあるというイメージですか。

:長さが長いのか短いのかというのは、各チームによって全然違います。

F:メルセデスと同じレイアウトと聞きましたが。