全6638文字

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 この週末は沖縄に行ってまいりました。
 今回は単なる観光旅行ではありませんで、オリンピアン宮澤崇史選手にバイクで揉んでいただくという、誠にありがたい、スペシャル合宿でありました。

北京オリンピックの男子ロードレース日本代表、宮澤崇史選手。現在はリオモ・ベルマーレというレーシングチームで監督を務めておられます。

 ご存じかどうか。宮澤選手は現役時代にお母様に生体肝移植手術でご自身の肝臓を提供されています。トップアスリートが肝臓を提供し、そのままトップを走り続けたという例は、あらゆるスポーツを通しても世界で類を見ない、レア中のレアケースです。こうなるともう親孝行とかそういうレベルの話ではありません。

スタート直後の笑顔の写真。この後、スーパー向かい風の中を恩納村まで走って無事に死にました。

 先週のスキーもそうでしたが、トップアスリートの「後ろに付く」のは本当に勉強になります。東京マラソンが終わって早4週間。痛風が発症してしまったこともあって、バイクどころか何も運動していませんでした。今回のライドで自分のブタさ加減を思い知ったので、これからボチボチ練習を再開しようと思います。

道中の休息の間に正しい姿勢などを教わりました。「基本的には正しく乗れています。正しくないのはフェルさんの生き方です」と褒めていただきました。本当にありがとうございました。
知っている人は知っている。ご自身もロードに乗るという方が「あの、ひょっとして宮澤さんですか」と。一緒に写真を撮り握手をして、ファンサービスにも余念がありません。

 部屋に戻って、「TYPE-R」というモーションキャプチャーでフォームの解析をしていただきました。

 足腰とシューズにセンサーを付けて計測するのですが、専門のスタジオではなく、こうして出先で(クルマで並走できる環境であれば、外での実走でも!)計測、分析できてしまうすごい装置です。

これが私の計測結果。足首の返しがやや遅れ気味であることが判明いたしました。判明はしたのですが、これを矯正するのはなかなか難しい。ま、焦らずじっくりやりましょう。

 ということで本編へとまいりましょう。
 スズキ・ジムニーの開発者、四輪商品第二部チーフエンジニア、米澤宏之課長インタビュー続編です。