全6932文字

え、ロータリーのピックアップトラック?

:ない。今もないしこれからもない。昔はウチもピックアップトラックを造っていたんですよ。ロータリーを積んだピックアップまであったんです。今でもアメリカへ行けば走っている。日本でも沖縄ならアメリカ軍が使用していた中古が少し残っているかもしれません。

F:ロータリーエンジンのピックアップ。そんなクルマがあったんですね。

広報小島:「プロシード」をベースに開発され、名称は「ロータリーピックアップ」。当社の社史には1973年に輸出仕様を開発して米国市場で成功した、とありますね。ですがオイルショックの影響を受けて、1977年に生産を中止しています。

初代プロシード。

F:ここで先の燃費の話に戻るのですが、トランプさんが「厳しい環境規制はもううんざりだ、ウチの国は規制を緩める!」と言い始めると、燃焼効率がよく排ガスがクリーンということがウリである日本車、中でも内燃機関にこだわるマツダのクルマにはディスアドバンテージになりませんか?

:いや、そうは言いながらも規制はあるんですよ。グリーンハウスガス(GHG)規制。確かにトランプさんはその規制を緩めようとしているのですが、実は各社とも開発の手を止めてはいません。今、この瞬間はガスイーターのクルマをたくさん売って楽をしていますけど、裏ではしっかりと開発を続けている、と思いますよ。

F:なるほど。トランプさんが大統領を下ろされたら雰囲気が一気に変わるかもしれない。しかもアメリカ議会の野党である民主党は、トランプ大統領のやりたい放題でいろんな面で鬱憤が溜まっている。政権を奪還するようなことがあったら、その揺り戻しは大きくなりそうですね。

:今、原油価格が1バレル当たり60ドルくらいで推移しているのですが、これが100ドルになったら、途端にみんなコロッと変わりますから。

F:いまは原油安でもあるわけで。

:昔、原油価格がオイルショックでバレル100ドルになった瞬間に、みんな小さなクルマにびゃーっと乗り換えていったんです。そして50ドルになったら、またみんなピックアップに走っていく。アメリカの市場って、とても分りやすいんです。

F:アメリカ市場、分かりやすいですか。