欲深く、悩み深い「ざんねんな」ニンゲンが動物から学ぶべきこととは? ベストセラー『ざんねんないきもの事典』のほか、多くの図鑑監修を手掛ける動物学者の今泉忠明氏に聞きました。その2回目。

(※この動画は日経ビジネスのコラム「有訓無訓(人は欲深い残念な生き物。だからこそ生を充実させられる)」取材時にスマートフォンで撮影しました。スチルカメラのストロボが光ることがあります)

(聞き手:常陸佐矢佳)

おすすめ
第3回大学の誘いを断って研究を続けた理由

前回「ニンゲンも最期は骨になる」でお聞きしましたが、ニンゲンが欲を広げてなんでも手元に置いておきたいと願うのは、未来に対しての恐れや不安があるからでしょうか。

今泉忠明氏(以下、今泉氏):そうですね。それは動物にはない感情です。動物は「いま」この瞬間だけで、2つに1つを選んで生きているんですね。「何か落ちている!」→「食べる? 食べない?」というように、選択肢を前にしてプラスかマイナスかを判断しています。その先のことは分からないし、分かろうともしないんですね。

※テキストは有料会員に登録するとご覧いただけます

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1973文字 / 全文2460文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ざんねんなニンゲンはどうぶつに学べ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。