徹底したフィールドワークから人類の発展や文明の盛衰などを分析してきた「知の巨人」。世界的大ベストセラーとなった『銃・病原菌・鉄』(草思社)でピュリツァー賞を受賞しているジャレド・ダイアモンド氏に聞く10の質問。第10回は、世界を良くするために日本が果たすべき役割について。

関連記事:ジャレド・ダイアモンドUCLA教授「危機克服、日本が模範に」

※有料会員にご登録いただくとシリーズ全ての動画をご覧いただけます

おすすめ
第1回どうしてこの本を書こうと思ったのですか?

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り0文字 / 全文240文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題