全2208文字

 パナソニックは、どのようにイノベーションを生み出せる組織へと変わろうとしているのか。パナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社の樋口泰行社長と、早稲田大学ビジネススクールの入山章栄教授の対談を通じて、「大企業病」を打破するためのヒントを探る。最終回は、樋口氏、入山氏からの次世代を担うリーダーへのメッセージ。日本を変革するためには強い意志と高い戦略性、そして人間力が欠かせないと説く。

※本対談「日経ビジネス Raise LIVE」は2019年11月7日にパナソニックCNS社の本社(浜離宮ビル)で開催しました

前の記事を読む
第5回 会社を変えるには感受性と正義感が必要

大竹剛(日経ビジネス):皆さん、たくさんの質問をありがとうございました。最後に樋口さんと入山さんに一言ずつ、これからの変革を担う若い世代に向けてメッセージをいただけますか。

入山章栄氏(早稲田大学ビジネススクール教授、以下、入山氏):僕は日本企業、特に大手と中堅に一番足りないのは、先ほどお話ししたセンスメイキングだと思っています。つまり、“腹落ち”です。何のために働いているか腹落ちしないまま働いている方が結構います。そして、社員だけではなく、会社も腹落ちしていないんです。この会社は何のために存在しているのか、はっきりしていない。

 だから、パナソニックも2018年、「くらしアップデート」というスローガンを掲げて、パナソニックは何の会社で、どのような方向に向かっているのかという意志を示したのだと思います。ポイントは、これがこれからどのくらい社内で腹落ちされていくかでしょう。

早稲田大学ビジネススクールの入山章栄教授(写真:北山宏一、以下同))