私たちの世界の見方は、いかに偏見によってゆがめられているか。ベストセラー『ファクトフルネス』は、偏見に左右されずに、データに基づいて世界を正しく見る方法を指南している。共著者のアンナ・ロスリング・ロンランド氏が、世界を正しく見る方法を記者の質問に答える形の動画で伝授する。第4回は、実際に日本の人口推移や1人当たり国内総生産(GDP)の国際比較などのデータを基に、データを見るときは何に注意すべきかを語る。

関連記事:[議論]A・ロスリング「人口減少を“ファクトフルネス”の契機に」

※有料会員にご登録いただくと動画でご覧いただけます

おすすめ
第1回 『ファクトフルネス』はこうして生まれた

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り0文字 / 全文305文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題