戦略論の権威として世界的に知られる経営学者、カナダ・マギル大学経営大学院のヘンリー・ミンツバーグ教授に聞く全12回シリーズ。第1回は、資本主義について語る。現在の米国はバランスを失っている、と分析するミンツバーグ教授は、世界には、「3本の脚」が必要で、そのバランスが安定のかぎだと指摘する。

関連記事:ミンツバーグ教授が語る「管理職に最低限必要なもの」

おすすめ
第5回やはりMBAが会社を滅ぼす

米国はなぜバランスが悪くなったのでしょうか。

ヘンリー・ミンツバーグ(カナダ・マギル大学教授):現在の米国で失われたのが、まさにバランスです。1989年に共産党政権が崩壊したのは、資本主義が勝利したからではない。資本主義が勝ったのではなく、バランスが勝ったのです。

 1989年以前は、米国もバランスのとれた国でした。東欧はとりわけ政府部門側に偏っていました。今や米国は民間部門に偏り過ぎていて、問題の本質は(当時の東欧と)同じです。

この先のポイント
  • ●国家に必要なセクターとは?
  • ●「第三のセクター」とはどのようなものか?
続きを読む 2/2

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り656文字 / 全文1286文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「 「教祖」ミンツバーグが語る経営と世界」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。