戦略論の権威として世界的に知られる経営学者、カナダ・マギル大学経営大学院のヘンリー・ミンツバーグ教授に聞く全12回シリーズ。独裁政権の成立が目立つ世界の政治情勢の中で、日本や民主国家の果たすべき役割について語る。

関連記事:ミンツバーグ教授が語る「管理職に最低限必要なもの」

※有料会員にご登録いただくとシリーズ全ての動画をご覧いただけます

おすすめ
第5回やはりMBAが会社を滅ぼす

日本はどうすべきですか。

ヘンリー・ミンツバーグ(カナダ・マギル大学教授):カナダや、スカンディナビア半島の国々や、ドイツといった、ちゃんとした国々と付き合って、そこで「もうたくさんだ」「やめろ」という必要を感じている人たちが集まるのです。

 世界は地獄に向かっています。それはトランプ大統領に責任があります。そして、あらゆる国々の首相に責任があります。自国民をきちんと守らなければいけません。

この先のポイント
  • ●教授の考える、日本の取るべきスタンスは?
  • ●今の世界情勢をどう見ている?
続きを読む 2/2

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り395文字 / 全文928文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「 「教祖」ミンツバーグが語る経営と世界」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。