全851文字

 データ分析で最も時間のかかる作業はデータの整理や加工、すなわちデータラングリングだ。横に広がったデータ(ワイド型)を縦に広がるデータ(ロング型)に変える、データタイプを文字から数字に変える、セルの中にある複数の数字を3つのセルに分ける、複数のデータを結合させる、文字列データを整理する──などリストし始めるときりがない。分析で出てきたデータから知見を得るためには、データを柔軟に加工し、様々な角度からデータを見ていくことが不可欠。データラングリングはデータ分析の前処理として誰かに頼むようなものではなく、むしろデータ分析の一部である。今回は、分析の幅を一気に広げることのできる、データラングリングの手法を簡単に例を交えながら紹介する。

>>>>続きは動画でご覧ください(有料会員限定)