SaaS(Software as a Service)ビジネスを展開するシリコンバレーの企業がプロダクトやサービスを改善するために、かなり早い段階から手がけているのがコホート分析だ。SaaSのようなサブスクリプション型のビジネスでは有料会員になったユーザーの定着率の向上こそが成長の鍵。そこで、ユーザーを加入した時期でグループ化した上で、それぞれのグループの定着率の推移を時間の経過とともに分析していくのだ。今回は、このコホート分析でよく使われる生存曲線のアルゴリズムの紹介をする。

>>>>続きは動画でご覧ください(有料会員限定)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り174文字 / 全文776文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題