将来について「予測」できれば、準備のための意思決定を効率的に行うことができる。将来を「コントロール」するための意思決定ができるようになれば、ビジネスを効果的に成長させていくことが可能になる。データを使って意思決定をしていくというのはある意味、この予測とコントロールのためだ。売上高はいくらになるのか、何をすれば売上高をもっと伸ばすことができるのか──。アクションにつながる予測とコントロールの仮説を、データから効率的に導き出す探索的データ分析(Exploratory Data Analysis)を解説する。

>>>>続きは動画でご覧ください(有料会員限定)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り174文字 / 全文788文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題