サブスクリプション(継続課金)型のビジネスを理解する上で重要な指標は「解約」と無料会員が有料会員にどれだけ転換したかという「コンバージョン」だが、この2つは既に結果の出た後追い指標にすぎない。逆に言えば、解約やコンバージョンと因果関係のあるKPI(重要業績評価指標)を見つけさえすれば、解約やコンバージョンをコントロールすることができるはずだ。シリコンバレーのやり方を貪欲に取り入れて急成長している英国の老舗メディア、FTは何を先行指標としているのだろうか。

>>>>続きは動画でご覧ください(有料会員限定)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り174文字 / 全文763文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題