データが重視されるようになった背景の一つに、定期購読型のサブスクリプション(継続課金)モデルにビジネスの形態がシフトしていることが挙げられる。売り切り型のビジネスとは異なり、1回あたりの収益は少額のため、ユーザーを継続的につなぎとめなければ成立しない。それゆえにプロダクトやサービスを継続的に改善し、ユーザーに価値を提供し続けることが不可欠で、データ活用の大きな機会がある。サブスクリプション型ビジネスはユーザーとの接点が定期的に生まれるため、プロダクトやデータに関するデータを手に入れやすいという利点もある。

>>>>続きは動画でご覧ください(有料会員限定)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り174文字 / 全文789文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題