アナリティカル・シンキングの肝はデータを基に仮説を構築、その仮説をA/Bテストなどで検証してプロダクトやサービスのカイゼンにつなげていくところにある。それでは、どのようにして仮説を構築するのか。その時に重要になるのが因果関係。ある結果につながる原因を特定できれば、その原因に対処することで結果を操作することが可能になる。相関ではなく因果を見つける。それがデータ分析の第一歩だ。

>>>>続きは動画でご覧ください(有料会員限定)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り174文字 / 全文722文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題