全625文字

 スティーブ・ジョブズのような感性はないと悟ったネットフリックスのリード・ヘイスティングCEOは、コンシューマーサイエンス(データ分析により顧客を把握する手法)に活路を見いだした。すなわち、プロダクトを出し、ユーザーの使用データを集め、そこから学んだことをカイゼンに結びつけるというデータ・バーチュアス・サイクル(データの好循環)である。ネットフリックスを動画ストリーミングのトップ企業に引き上げた「感性の科学」とは。

>>>>続きは動画でご覧ください

西田 勘一郎(にしだ・かんいちろう)

エクスプロラトリー(Exploratory)CEO。データベースやアプリケーションサーバーを手がける米オラクルで長年、データサイエンス関連プロダクトの開発ディレクターやプロダクトマネジャー、コンサルタントなどを歴任。2016年にシリコンバレーでエクスプロラトリーを創業した。(写真:Angelica Vasquez)